タグ: 世界遺産


 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 3-2章:ロワール渓谷の城巡り「シュヴェルニー城」、レゴとのコラボレーション

訪問日時:2016年7月18日、午後2時頃 ロワール渓谷はヨーロッパドライブの原点 妻と合流して最初に向かったのはロワール渓谷。この日は終日ロワールで過ごしました。もちろん世界遺産になっているお城巡りがめいんですが、もう一つのメインはこちらのオーベルジュに泊まることでしたね。そのオーベルジュについては以下の記事で詳しく描かせて頂きました。 参考記事:2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 2-1章:ロワール地方のミシュラン1つ星オーベルジュ「La Maison d’à Côté par … Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-4章:オーギュスト・ペレによって再建された都市ル・アーヴル

少し変わった世界遺産。いろいろな芸術家の故郷。 世界遺産ル・アーヴルへ セーヌ川河口に位置する港町ル・アーブルは、この旅最初の宿泊。 エトルタからマンシュ海峡(イギリス海峡)に沿ってドライブすることおよそ1時間、パリはもちろんのこと、フランスの地方都市でも見られるような、石造りのバロック以降の美しい建物が並ぶ美しい街並みとはまるで対照的だといえる、コンクリートのビルやマンション群が整然と配置されている、ストレートに言ってしまうと、なんだかコンクリートだらけの少々そっけない雰囲気がするル・アーブル… Read more »

 スペイン・バスクの旅2016年GW:総集編

スペイン・バスクの旅2016年GWシリーズを書き上げるには、旅行を終えてた5月中旬から10月中旬の約5ヶ月もかかってしまいました。もしかして、過去最長かもしれません。 付加的な情報を書くように心がけていました この2年ほどは、ただ写真を貼り付けて簡単なコメントを添えるような投稿ではなく、現地でいただいてきたパンフレット、そしてときに書籍、もちろんネット情報などをもとにして、できるだけ付加的な情報を書こうと心がけています。そのため、一つの記事あたりのボリュームが増え、書き上げる時間もかかっている、… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.36:世界遺産巡り No.9 「アルカラ・デ・エナレスの大学と歴史地区」

訪問日時:2016年5月7日、午前10時頃 今回でついに最終回。駆け足の世界遺産観光となりました。 この旅、最後の訪問地 いよいよ最終日です。この日の午後3時のフライトで、ドバイ経由で帰国します。この旅、最後の訪問地は「アルカラ・デ・エナレス」という街です。前泊地シグエンサから50分程度、そしてマドリード・バラハス空港からは30分程度の距離です。位置関係はこのようになっています。 当初は10時前には到着しておきたかったのですが、思った以上にシグエンサでゆっくりしていたため、出発が遅れ、そして到着… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.32:バルセロナ編6 グエル邸

訪問日時:2016年5月6日午前10時頃 バルセロナ滞在最終日 さあバルセロナ滞在3日目となりました。この日は午前中にバルセロナ観光をした後、この街を移動します。天気が良ければ午前の早いうちにタラゴナという街にある海沿いの遺跡などを見てから、再びカスティーリャに戻ろうと思っていたのですが、残念ながら雨のようなので、次回に回すことにしました。 さて、バルセロナ観光最終日、朝一番で向かったのは若き日のガウディが設計した「グエル邸」です。場所はバルセロナ港に比較的近いこのあたりにあります。 現在、この… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.31:バルセロナ編5 サグラダ・ファミリア

訪問日時:5月5日午後6時 4回目の訪問でついに初めて内部へ! 事前予約をその場で済ませる 実はサン・パウ病院訪問前にサグラダ・ファミリアに来ていました。もちろん観光するため、しかし、やはりというか予約がいるということを到着後知ります。チケット売り場の近くにいた係らしき人に聞くと、どうやらこの日の予約は18時以降なら可能で、予約はここのチケット売り場に並ぶか、もしくはネットで予約するのか、のどちらかだということ。 売り場の列はとても並んでいたので、迷わずiPhoneでネット検索。非常に簡単に予約… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.30:バルセロナ編4 カサ・ミラ(ラ・ペドレラ)

訪問日時:5月5日午後3時頃 バルセロナで一番の目抜き通りグラシア通りある印象的なガウディ建築 今は予約が必要ということで、空振りに終わってしまったグエル公園からバスで再びグラシア通りまで戻ってきました。このグラシア通りはバルセロナ一番の繁華街、といったところでしょうか。幅の広い大きな道路の両脇には、世界的なブランドショップが連なっています。 その大通り沿いにカサ・ミラはあります。非常に存在感がある大きな建物なので、すぐに分かるかと思います。 ちなみに交差点のはさんで反対側にはカサ・バトリョがあ… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.29:バルセロナ編3 サン・パウ病院

訪問日時:5月5日正午過ぎ ガウディと並び称されるモデルニスモの巨匠「モンタネール」の傑作の一つ 芸術の街バルセロナを代表するものといえばなんといってもモデルニスモ建築。最も有名な建築家といえば、あのサグラダ・ファミリアであまりにも有名なガウディですが、もう一人このモンタネールの存在を忘れてはいけません。 「ルイーズ・ドミニク・イ・モンタネール(Lluís Domènech i Montaner)」は、ガウディらと肩を並べるカタルーニャ・モデルニスモを代表する建築家の一人。 彼の作品といえば、ま… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.28:バルセロナ編2「世界遺産:カタルーニャ音楽堂」でコンサート

訪問日時:2016年5月4日午後8時、5月5日午前10時 何度も訪れているバルセロナにして、はじめての訪問。 初めての訪問 バルセロナ、最後の訪問は2012年のF1グランプリ観戦。その前は2010年、その時はフランスの最も美しい村巡りの時、アイスランド火山の影響でフランスの空港が閉鎖されてしまった関係で、トルコ経由で来た時でした。 それ以前にも何度か訪れていますが、実は訪れていなかったこの音楽堂。行こう行こうと思ってて結局一度も行ったことがなかったのですが、今回ようやく訪れることができました。バ… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.27:バルセロナ編1「コロニア・グエル」

訪問日時:2016年5月4日午後1時 バルセロナ郊外にある未完成の傑作! 最後の3日間はバルセロナ観光 5月旅行終了時からコンスタントに綴っているこのシリーズですが、ようやく最後の3日目までたどり着きました。いつものことなのかもしれませんが、今回はかつてないくらい盛りだくさんな旅行となっていたようです。 いよいよ終盤の3日間。我々が選んだ訪問地はバルセロナです。実はバルセロナは当初行く予定ではありませんでした。GWの始まる前の一人旅ステージ(4月29日より妻が合流)では、一度バルセロナ近くまで来… Read more »