タグ: essay


 自然とタグを付ける習慣が身についてきたこと

「Web中心生活へ ?クラウド生活には欠かせない技術?? 」 テレビの故障と日経新聞のやるせなさ、、 そんなきっかけから始まった、脱既存メディア、ペーパーレス生活。 なんとなくMy yahooで使い始めていたRSSリーダーをGoogle Readerに変えて、これが電車でもどこでも読めるようにiPhoneを購入。偶然というか自然の流れというか、昨年あたりから「クラウド・コンピューティング」なる言葉が出回るようになり、それとなく興味を持ち出し、いつのまにか感化され、気がついてみれば、メールもニュー… Read more »

 「食わず嫌い」嫌いと時代の流れ

ちょっと話題が古すぎますが、「ネットは暇とバカのもの」なんて新書がちょっと話題になってましたね。 突然ですが、僕は人から「苦手なもの(食べ物)ある?」と聞かれたときに結構戸惑います。決してないわけじゃないのですが、基本とりあえず口にしてみてその時に好きか嫌いかを考えればいいって思っていますので、とりえあず何でも食べる口です。というのは、あまり過去の記憶とか先入観に邪魔されずに純粋においしいものを見出したい、っていうとちょっとカッコつけすぎですが、要するにおいしいものを逃すのはもったいない、そんな… Read more »

 備忘録メモ:書きたいこと

いってみれば備忘録? あ、でもたぶん力尽きてやめるかも。 いまんとここんなこと書きとめておきたいなって思ってます。 『その1:超新星爆発に関する友人の研究について』 大学時代の同級生で現在某地方国立大学で助教をやっている宇宙理論先行の友人、彼の描いた論文がサイエンス誌に掲載されました。面白そうな話題だったのでちょっと関連論文を読んだり、本人に質問して直接メールなり日本語の解説分なりをもらったりしたので、機会があれば紹介したいなって思っています。 『その2:ドラクエ9』 先日発売の9。前評判とかそ… Read more »

 マルチなことを1次元的に話す技術(制約付き)

※ちゃんと”日記”も書いておかないと、毎日twitterに占領されてしまうからね。 この前も同じようなことを書いたお話。前回はどちらかというと旅行記ネタ、今回はちょっと仕事での話、仕事してまた思った話です。 今、本社のとある部署に依頼された仕事があって、一応今月でもって調査終了、今週末に最終報告をする予定です。何でも先方は部長さんなどの役職の方も出席されるため、わりと重要度は高い報告会ではあります。 さて、この報告会用のプレゼン資料でかなり悩んでいます。そもそもテーマが漠然としすぎて難しいことも… Read more »

 規約分解っぽい

些細なきっかけから、独自ドメインのページを復活させて、日記をこちらから書くようになったのですが、今回はなんだか気合が入っていて、どうにかしてアクセス数を増やしたいと思っています。 なので、やっぱりなにか書くしかないんですね。しばらくは東京マラソンネタでもったのですが、今週からは通常の日々が続くので、そう書くネタはないでしょう。 ただ、そうは言っても、まだまだ作ろうと思っているコンテンツはかなりありまして…、まあ旅行関係がほとんどすべてです。いまはそれをどう効率的に構成するのか、そのた… Read more »

 感情論でものごとを捕らえようとする人たち

中川氏醜態 あきれる国民の声 http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=752848&media_id=2 もう故障の影響で10ヶ月近くテレビをまったく見ない生活が続いているので、テレビ的なマスコミでどう報道されているのかは知らないけれど、相当映像なりながれているみたいです。 テレビは相変わらずのようですね…。 みっともない、恥さらし、等々、いいたくなる気持ちはわからなくもないですが、肝心なのはどういう仕事をするかであって、見た目とかたった一度の醜態(一度… Read more »

 100年後のロシア

http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20090126AS1K2600226012009.html 2日連続社説ネタで。 なんだか南・東ヨーロッパで、若者が暴動を起こしているようです。このところの不景気なりロシアーウクライナからの天然ガス供給が一時的にストップしたことがその背景にある、そんな記事がありました。ちなみに南とはギリシャあたりを、東とはブルガリアあたりをさしているようです。 また、この天然ガスの件をきっかけに欧州がロシアに不信感を抱いており、ロシア… Read more »

 一般論をいう

「あるAについてBが成立、よってBは成り立つ。」 みたいにして一般的な結論をだそうとする風潮が強いのは、論理的思考に慣れていないこの国のお国柄なのかな。仕事をしていても、日常生活していても、この手のタイプの人は多いとよく感じる。 「飲み会はイヤ」の会社は生き残れない http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=714876&media_id=10 は、確かに極端な解釈な気もするけれど、結構「一般的」な展開の仕方な「気がする」。 「よく当たる占い風」ともいえる… Read more »

 週末のこと 「その3(3/3) :洗車と疑似科学」

週末シリーズは最後。 変なタイトルですが、つまりは…。(以下に続く) とりあえず「疑似科学入門」という新書を読んだ感想です。著者はたぶん京大か阪大の先生だったのかな、池内さんという物理学者の方が書かれた本です。 読み終えて、自分も意外や意外、疑似科学的な考えや発想に陥っているかも、そう感じました。ちょっと今手元に本がないからうる憶えですが、本の中において、著者は疑似科学を3種に分けて論じています。 「第一種疑似科学」 いわゆる占いとか超能力とかそういった類 「第二種疑似科学」 まったく科学的根拠… Read more »

 たまにはコラムについての批判でもするか

なんか2日連続ノーベル賞受賞みたいで、すごいですね。 それはさておいて、そんなノーベル賞ラッシュの何日か前に読んだ日経ビズプラスのコラム。 http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/soumu/rensai/nrichizai.cfm?p=1 ななめ読みした段階で「なんてセンスのないコラムだ」と思いました。 いずれにしても、これまでの日本人のノーベル賞受賞者と特許出願との間に強い相関関係はなさそうだ。しかし、冒頭にも記載したとおり、研究成果には特許になる発明が潜在してい… Read more »