タグ: 紅葉


 ドイツと飛び地巡り2015年秋 第24回(最終回):ライン渓谷ドライブ再び

最後の最後に少しだけ晴れました! 訪問日時:2015年11月2日、天気:曇り時々晴れ 最後に少しだけ観光 いよいよ長いドイツ旅行も最終日、この日の午後3時の便で帰国します。しかしまだ半日くらい観光できそう。そこで最後に選んだのは「ライン渓谷」、10月28日に一度訪れているのですが、その時は残念ながら雨。しかしこの日の天気は晴れの模様。フランクフルトからはクルマで1時間少しなので、午前中のうちにもう一度ドライブに行くことを決意。 ホテルで朝食を済ませ、すばやくチェックアウト。ラインへと向かいました… Read more »

 ドイツと飛び地巡り2015年秋 第4回:リヒテンシュタイン・ファドゥーツへ、ホテルと食事

訪問日時:2015年10月26日 天気:晴れ ファドゥーツのホテル スイス入国と同時に高速道路のヴィニエットを無事入手し、オーストリア・スイス国境からおよそ30分で、リヒテンシュタインの首都ファドゥーツに到着しました。到着時は夜の7時で日没後、夕焼けを見ながらのドライブ、しかし街についた時はすでに真っ暗になっていました。 今夜のホテルは、ファドゥーツの街の北の端当たりにあるこちらのホテルです。写真は翌日撮影。 Landgasthof Mühle (リヒテンシュタイン ファドゥーツ) &#8211… Read more »

 ドイツと飛び地巡り2015年秋 第3回:ドイツのアルプス巡り

訪問日時:2015年10月25日 天気:曇り時々晴れ ガルミッシュ・パルテンキルヒェン 目的地は、ガイドブック「地球の歩き方」がすすめていた、ドイツ南部の街「ガルミッシュ・パルテンキルヒェン」にあるドイツ3大崖っぷち絶景ポイントの一つ。ちなみに本日この後もう一箇所行きます。なお、最後の一箇所は行きたかったのですが天候が悪い&寒くて諦めました。(後日紹介します。) ここで簡単に、アルプスの北側にあるガルミッシュ・パルテンキルヒェンという街のご紹介を。 まず名前が長いです。これは実はもともとガルミッ… Read more »

 ドイツと飛び地巡り2015年秋 第2回:ミュンヘン中央駅でレンタカーを借りる

訪問日時:2015年10月25日 天気:曇り時々晴れ ミュンヘン中央駅で朝食 この日から本格的な観光を開始。もう早速クルマを借りました。前泊のホテルは朝食付きではなかったので、ミュンヘン中央駅でいただくことにしました。チェックアウト後、ただちに向かいました。 ミュンヘン中央駅は非常に大きなターミナルとなっていて、ヨーロッパのあらゆる街からの電車が到着します。そして、駅のお店、特に飲食店がとても充実しています。朝から大変混雑はしていますが、食べるところに困ることはありません。ただ大きなトランクを持… Read more »

 ドイツと飛び地巡り2015年秋 第1回:出発編、はじめてのカタール航空とO2のプリペイドSIM購入

日時:2015年10月24日、天気:晴れ はじめてのカタール航空、ドーハ空港で乗り継ぎミュンヘンへ 最近、長期休暇(※日本限定の呼び方、世界的には短期)を取る場合、基本、金曜日夜便にしています。時間を大いに利用できます。 今回はカタール航空をはじめて利用しました。このところ料金的な面(とにかくサーチャージが安い)と深夜便が多いという点からも中東系の航空会社の利用比率が高くなっています。ヨーロッパの主要都市以外なら直行は基本ないのでどうせ乗り継ぎ、であればどこでもよくそしてやすい方がいい。 10月… Read more »

 ドイツと飛び地巡り2015年秋:はじめに

旅行記:ドイツと飛び地巡り2015年秋シリーズ書き始めます! ようやく2015年10月末に行って来たドイツ旅行記を開始します。今回の旅行のテーマは「紅葉」「飛び地」そして「音楽」でした。今回はいつもとは趣向を変えて、先に何を書くのか決めてから執筆しようと思います。 現在のところ、次の24回の連載を予定しています。 ※更新履歴 2015/12/13 「第8回:実はドイツの飛び地?コンスタンツでビアホール」を追加、その関係でそれ以降の回を1つずつ繰り下げました。 2015/12/10 「第4回:リヒ… Read more »

 三渓園に行ってきました。

だいぶ寒くなってきた連休の中日、お昼とぶらりと横浜にある三渓園に行ってきました。 三渓園というのは、実業家であり茶人でもある原富太郎氏の個人的な庭園なのですね。 紅葉はかすかに始まっている真下が、本格的なものは来週になりそうな感じです。 様々な日本家屋がありますが、これらの多くは京都などから移築したのだそうです。こちらの三重塔も京都から移築したとのこと。 どのように移築を行ったのかがとっても興味深い。 寒いながらも暖かい冬の日差しに包まれながら、のどかな午後を満喫できました。