タグ: 世界の最も美しい村


 Mondavio(モンダヴィオ)-★★★☆☆:イタリアの最も美しい村巡り No.9

訪問日時:2019年5月2日、午後3時頃 晴天の続くこの日はマルケ州の美しい村巡りがメイン。直前に世界遺産ウルビーノへと行きましたがそれ以外はすべて美しい村。ウルビーノの次に向かったのがこちらのモンダヴィオでした。ウルビーノのさほど大きな街ではないのですが、美しい村はより規模が小さく、そして観光地というよりは住宅地の雰囲気がします。 ウルビーノの街を14時前に出発、ちょうど1時間でモンダヴィオに到着。駐車スペースがあまり見つからなかったのですが、城壁に囲まれた街の外側に運良く停めることができまし… Read more »

 Montone(モントーネ)-★★★★☆:イタリアの最も美しい村巡り No.8

訪問日時:2019年5月1日、午後7時頃、1泊 マルケ州との境に近いウンブリア州にある小さな村。標高500m近い丘の上にあるこの村に1泊することにしました。2日連続の美しい村宿泊となります。幹線道路を離れ、丘の上にあるこの村へ。少々曲がりくねった上り坂の道を進むと村の景色が目の前に飛び込んできます。 村の駐車場は村を取り囲むようにありましたが、我々は村の一番高台にあるスペースに停めました。しかし台数は少なめ、休日の夕方で少なかったため運良く停めることができました。 その村の高台から坂を下っていく… Read more »

 San Leo(サン・レオ)-★★★★★:イタリアの最も美しい村巡り No.6

訪問日時:2019年4月30日、午後8時頃、1泊 平成最後の宿泊地、そして令和最初の最も美しい村は、サンマリノ近くにあるこちらの村。 再びボローニャへ戻り、一路東へ。エミリア・ロマーニャはこの辺りから東エリアはずっと平坦で、さらにはアップダウンもほとんどなく、とても見通しのよい高速が続きます。高い山も建物も一切いない光景はとにかく空が広くて、やや曇りがちとはいえどもとても開放的な気分での運転ができました。これだけ開放的な広い空は、数多くヨーロッパをドライブしていましたが、なかなかお目にかかること… Read more »

 Castelfranco Piandiscò(カステルフランコ・ピアンディスコ)-★★☆☆☆:イタリアの最も美しい村巡り No.5

訪問日時:2019年4月29日、午前10時頃 この旅は3日目に突入。まだまだ序盤です。この日は比較的緩めの日程。というのは天候があまりよくなく、当初予定していた山越えを諦め、美しい村を2つみてからエミリア・ロマーニャの中心都市ボローニャへと向かいここで1泊するという緩めの日程。ゆっくりと前泊地サンジミニャーノを出発、1時間程度でイタリア中央を北西から南東に貫くアペニン山脈の南側に位置するCastelfranco Piandiscò(カステルフランコ・ピアンディスコ)という村にやってきました。イタ… Read more »

 Suvereto(スヴェレート)-★★★★☆:イタリアの最も美しい村巡り No.4

訪問日時:2019年4月28日、午後1時頃 前の日記から更新がだいぶ滞っていました。まだまだたくさん記録しないといけません。 前回ご紹介はブオンコンヴェントの村。トスカーナ中心にある村です。その日、その次に向かったのは、同じトスカーナ州ですが海側に近いところにある「Suvereto(スヴェレト)」という村です。写真集で見た感じだととても綺麗だったので、少し時間がかかり非効率ではあったのですが敢えて向かってみることにしました。 ブオンコンヴェントの村があるあたりは、ヴァルドルチャがあり、そして世界… Read more »

 Buonconvento(ブオンコンヴェント)-★★★★☆:イタリアの最も美しい村巡り No.3

訪問日時:2019年4月28日、午前10時頃 この日は、トスカーナ地方の旅となりました。しかしいわゆるメジャーな場所(フィレンツェ、シエナ)などは今回は行きません。相変わらずマイナーどころですが、美しい村を2箇所巡りました。しかしこの日の宿泊はサン・ジミニャーノ、世界遺産の街です。 さて4月28日、最初の訪問地はこれもまた世界遺産となっているヴァル・ドルチャの少し北側にあるBuonconvento(ブオンコンヴェント)という村です。イタリアの最も美しい村に選ばれています。 ちなみにヴァル・ドルチ… Read more »

 Civita de Bagnoregio(チヴィタ・デ・バーニョレッジョ)-★★★★★:イタリアの最も美しい村巡り No.1

訪問日時:2019年4月27日、午後1時頃 いつのまにやら私のライフワークとなっている「世界の最も美しい村巡り」、イタリア編となります。フランスやスペインなどの連載は行なっていますがイタリアは行なっていませんでした。しかしイタリアの美しい村訪問は初めてではありません。 2014年の南イタリア旅行で20箇所近く訪問しています。にもかかわらずシリーズ化をしていないのは、南イタリアへ行った当時、もちろん例外もありましたが、あまりにもこのイタリアの最も美しい村がフランスやスペインと比べて、無駄に規模が大… Read more »

 Curemonte(キュルモント)再訪 – フランスの最も美しい村巡り2017 No.7 -★★★★☆

訪問日時:2017年9月22日、午前11時頃 7年ぶりのコレーズとロット県の美しい村訪問シリーズ、ようやく最後です。風邪と演奏会(発表会)のため更新が滞っていました。 もともとこちらの村には訪問する予定はありませんでしたが、ちょうどこの日最初の訪問地(次にご紹介します)次の目的地へと向かう途中に偶然その村へと向かう小路に近づいたのでついでだから訪問してみよう、となったわけです。地図で見れば前日訪問のコロンジュ・ラ・ルージュからカレナックへ向かう途中にある感じなのですが、前日あえて訪問しなかったの… Read more »

 Autoire(オートワール)再訪 – フランスの最も美しい村巡り2017 No.6 -★★★★☆

訪問日時:2017年9月21日、午後4時頃 更新が滞っておりました。再開します。 僕が勝手に読んでいますフランスの最も美しい村ロット県3兄弟、最後はオートワール、1番下の弟といった存在でしょうか。背の高い(高台にある)ルブレサックに寄り添うように、そしてこちらは谷間にある美しい村です。ルブレサックからはとても近く、ルブレサックの丘を下って少し進むとこの村へ。距離は5キロ程度。クルマならすぐについてしまいます。 ルブレサックとは対象的に谷間の低いところに位置している村です。この村の地形は近くに近く… Read more »

 Loubressac(ルブレサック)再訪 – フランスの最も美しい村巡り2017 No.5 -★★★★☆

訪問日時:2017年9月21日、午後4時頃 ロット県の美しい村3兄弟、と僕が勝手に読んでおります「カレナック」、「ルブレサック」、「オートワール」。3兄弟2人目はルブレサック。これらの3つの村は非常に隣接しています。実際カレナック・ルブレサックは9km、オートワール・ルブレサックは5kmという距離です。車ならすぐです。 もちろん7年前にも訪問済み。 Loubressac(ルブレサック)- フランスで最も美しい村巡り2010 No.19- さて今回ご紹介のルブレサックは、3兄弟の中では一番背が高い… Read more »