タグ: 世界の最も美しい村


 日本で最も美しい村連合の準会員になりました

フランス、イタリア、スペイン、ワロン(ベルギー)そしてスイス、ヨーロッパ諸国の最も美しい村巡りは長く続けておりますが、実はこの最も美しい村というものは日本もあります。創設されたのは2005年ということですから結構歴史ありますね! 公式サイト:日本で最も美しい村連合のウェブサイト 以前よりその存在は存じ上げておりましたが、先月から「日本で最も美しい村連合」の準会員になりました。準会員になると会員証、ピンバッチ、各種案内書類が届きます。そして別途、以下のディスクパネルも購入ができます。 このディスク… Read more »

 Veules-les-Roses(ヴーレ・レ・ローズ)- フランスの最も美しい村巡り2018 No.1 -★★★★☆

訪問日時:2018年5月4日、午後2時頃 いつもよりも短い今年のGWに、新しく追加された北フランスの村を訪れてきました。 2017年9月、また新しい美しい村が 訪れたのはノルマンディ地方北部、ほとんどノール県に近い「Veules-les-Roses(ヴーレ・レ・ローズ)」という村です。場所はフェカン(Fécamp)、ディエップ(Dieppe)、いわゆるペイ・ド・コー(Pay de Caux)と呼ばれる地域に属しています。 この村は昨年2017年9月30日に正式にフランスの最も美しい村に加盟いたし… Read more »

 Ascona(アスコナ)スイスの最も美しい村巡り No.1 ★★★★☆

訪問日時:2017年9月15日、午前9時頃 イントロダクション いまやフランスから始まった「最も美しい村」協会は、世界中に広まっています。スイスの最も美しい村協会はそのなかでも比較的新しくできた協会です。2017年9月は転職のはざまの有給消化を大いに利用して3週間のヨーロッパ旅行を行いました。前半のメインはスイスの最も美しい村巡り。時間は十分にあった(それでも結局慌ただしかったのですが)、ということで1回の旅行で全27の村を制覇することができました。 多様な文化圏を持つ村たち ご存知の通りスイス… Read more »

 Brouage(ブルアージュ)- フランスの最も美しい村巡り2017 No.1 -★★★★☆

訪問日時:2017年9月23日、午後6時頃 久しぶりにフランスの最も美しい村巡りシリーズの投稿です。ウェブ上のプロフィールでは「フランスの最も美しい村完全制覇」と自慢げに謳っていますが、実は「フェイク」なプロフィールとなっていました。 2017年6月にまた新しい村が加わる というのは2017年6月にBrouage(ブルアージュ)という村が156番目の村として新しくフランスの最も美しい村に登録されたからです。 source: Charente-Maritime: Brouage rejoint l… Read more »

 Mélin(メラン)- ワロンの最も美しい村巡り No.30 -★★★☆☆

訪問日時:2017年7月21日、午前12時頃 いよいよ最後のワロンの最も美しい村です。当初はベルギー東部のリエージュ側に行く予定がなかったため、1回の旅行で完全制覇するつもりはなかったのですが、思った以上にワロン地方が小さく時間に余裕ができたため、結果的にリエージュ地方にある美しい村を訪れることができました。 今回ご紹介する村はブリュッセルから南東1時間弱のところに位置してます。確かにほのぼのとした田舎でしたが、いままでの村と比較すると平地の中にあること、またこれまでよく見かけてきたような森がな… Read more »

 Mirwart(ミルヴァール)- ワロンの最も美しい村巡り No.29 -★★★★☆

訪問日時:2017年7月21日、午前10時頃 旅も終盤、そしてワロンの最も美しい村コンプリートまであと2箇所。2泊お世話になったミシュラン一つ星オーベルジュのあるオウルの村を出発。ブリュッセル方向へ向けて北上、の前にオウルから40分ほど東に位置するMirwart(ミルヴァール)という美しい村へ。 こちらの村は、どちらも結局中へ入ることが出来ませんでしたが、公式ガイドブックにもあるように素敵な教会とシャトーを併せ持つ村です。 公式サイト: Les plus beaux villages de Wa… Read more »

 Sohier(ソイエ)- ワロンの最も美しい村巡り No.28 -★★★★☆

訪問日時:2017年7月20日、午後6時頃 7月20日、3箇所目にして最後の美しい村は、宿泊地オウルから30分程度のところにあるソイエという村。とてもお花が印象的な美しい村なので総合評価は4つ星。夕方の到着でしたが、教会の中に入ることができました。ふるさは感じないもののきれいに整備されていて心地よかったです。 観光にも力を入れている感じもします。もっともこの時間、我々以外は誰もいませんでしたが笑。 あまり公式サイトには詳しく書かれていないのですが、教会の姿かたちからすると他の村と同じく17世紀こ… Read more »

 Laforêt(ラフォレ)- ワロンの最も美しい村巡り No.27 -★★☆☆☆

訪問日時:2017年7月20日、午前11時頃 アルデンヌの森にある美しい村ラフォレ。名前のとおり森に囲まれた心地いい村でした。この日は2箇所目となる村。それでも最初のグロフェからクルマで15分程度の近距離なので、まだ午前中のうちに訪問することができました。 クルマの駐車にはとても苦労しました。一見どころでも停められそうな感じだったのですが、そうでもなかった。村少し出たあたりの森の入口あたりにどうにかスペースを発見。村の外といってもいつもどおり小さなところなので、村へは徒歩ですぐ行ける距離です。外… Read more »

 Gros-Fays(グロ・フェ)- ワロンの最も美しい村巡り No.26 -★★★☆☆

訪問日時:2017年7月20日、午前10時頃 今回のワロンの最も美しい村シリーズは、訪問した順に紹介をしております。今回は26箇所目の村。この村を含めて残り5つです。前回のオウルからは日付は変わって2017年7月20日の訪問です。(もう半年以上も前のことだったのですね。) 20日最初の美しい村は、宿泊地のオウルからクルマで40分ほどに位置する「グロフェ」という村です。ブリュッセルからちょうど真南に位置するエリアにあります。このあたりはアルデンヌ地方と言って、豊かな森があるエリアとして知られます。… Read more »

 Oûr(オウル)- ワロンの最も美しい村巡り No.25 -★★★★☆

訪問日時:2017年7月19日-21日、2泊 フランス語圏は食事がいい! ベルギーは大きく2つに別れます。北部はオランダ語が公用語、そして南部はフランス語。プロテスタントとカトリックによって2分されているという理解でよいでしょう。食文化に関してはやはりカトリック・フランス語圏の南部が間違いなく良い! ベルギーの南部に位置するワロン地方も料理が美味しいです。そして数多くのホテルレストラン・オーベルジュが点在しています。そんなオーベルジュが美しい村にもあることがあります。前々回紹介したトルニュイの村… Read more »