タグ: レストラン


 チェコ料理「だあしゑんか」さんで、ウルケル樽生一樽お買い上げしてみた

2017年度始動! ある夜「ビール飲みにつれってって」と適当に一人自宅で飲みながらツイートしたら、素敵な後輩女子がこんな企画を発見して誘ってくれました。 筋金入りのビール愛好家の皆様へ贈り物、日・月・火・水曜日限定、ピルスナー・ウルケル15リットル樽生を丸ごとお買い上げ!30000円(税込)1週間前までに要予約 だあしゑんか チェコ料理・ビール・絵本 ピルスナー・ウルケル樽生:ウルケル樽生一樽お買い上げ ということで、2017年度初日の4月3日月曜日、ウルケル樽生お買上げ、計8名の「筋金入りのビ… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 : 総集編

全章投稿記事一覧 この旅行は2016年7月14日夜に日本を出発、そして26日の夕方に帰国しました。実質滞在日数は10日となりました。フランスを選んだのは、この2年余り本格的に勉強しているフランス語を使ってみたかったことも大きな理由です。確かに以前と比べるとレストランやホテルなどで片言ながらフランス語で会話することが出来ました。しかし、それでもやはりまだまだ勉強不足だと痛感しました。 とはいえ、本来の目的であるレストラン巡り、そしてツール・ド・フランス生観戦も実現し、大変満足な旅行となりました。 … Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 2-6章:パリ6区にあるレストラン「L’Epigramme」

訪問日時:2016年7月23日 友人から教えてもらったパリのちいさなレストラン 第2章グルメ編の最終章はパリ6区のあるレストランです。 お店のウェブサイト:L'Epigramme (Trip Advisor) パリ6区といえば、サンジェルマン・デ・プレ、オデオン、そしてカルチェ・ラタンは、パリの中では比較的歴史もあるエリア。現在は観光客はもちろんのこと、特に学生さんが多いエリアとしても有名ですよね。僕もパリの中ではこの界隈が特に好きで、ちょっと高いのですが、宿はこの辺りに手配することが多… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 2-4章:ジュラ県アルボワのミシュラン2つ星オーベルジュ「Maison Jeunet」

訪問日時:2016年7月21日 ブルゴーニュからフランシュ・コンテへ グルメの旅、ミシュランガイド掲載レストラン行脚の旅も4日目を迎えました。本日の目的地は「アルボワ」の街にあるミシュラン2つ星オーベルジュです。 予約はホテルのサイトから直接行いました。フランス語でのやりとりとなりましたが、レストランの予約も同時にできるので非常に便利でした。Booking.comといったポータルサイトなどでは予約できないようでした。 オーベルジュのサイト:http://www.maison-jeunet.com… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 2-3章:ディジョンのミシュラン2つ星レストラン「William Frachot」

訪問日時:2016年7月20日 ブルゴーニュの首都ディジョン2日目の夜もレストランを予約していました。 ディジョン2日目の夜はミシュラン2つ星「William Frachot」 ディジョンには2泊。目的はもちろん著名なレストラン巡りです。この日の夜も前日と同様ディジョン市内のミシュランガイド掲載のレストランへ、ミシュラン2つ星を獲得しているというレストランです。こちらもミシュランのサイト「ViaMichelin」から予約しました。 ViaMichelinのサイトより:https://www.vi… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 2-2章:ディジョンのミシュラン1つ星レストラン「Stéphane Derbord」

訪問日時:2016年7月19日 ブルゴーニュ公国の都ディジョンでは2泊することになりました。2晩ともこの街にある著名なレストランを予約しています。 ネットでの予約:ミシュランのサイトから それぞれホテルとは別のところにあるレストランなので、両方共ネットで予約して行きました。どちらもミシュランのサイト:ViaMichelinから予約可能でした。スクリーンショットはフランス語版で撮りましたが、英語版もありますので大丈夫です。 ViaMichelinのサイトより:https://www.viamich… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 2-1章:ロワール地方のミシュラン1つ星オーベルジュ「La Maison d’à Côté par Christophe Hay」

訪問日時:2016年7月18日 さて今回からは第二章が始まります。第二章はグルメ編となります。2016年7月18日から5日連続、ミシュラン一つ星もしくは2つ星のレストラン/オーベルジュで美味しいフレンチを満喫してきました。 最初のミシュラン一つ星レストランはロワール地方で 今回ご紹介するのは、ロワール地方にあるオーベルジュ。 オーベルジュのサイト: Les restaurants de Christophe Hay このオーベルジュは、世界遺産にも認定されているロワール渓谷、ロワール川からほど近… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-13章:オンフルールの印象派フェスティバル、の前に美味しいレストランでランチを

訪問日時:2016年7月17日、正午頃 観光、のまえに腹ごしらえを。 10年ぶりのオンフルールへ この日のオンフルールは日曜日だったこともあり人がいっぱい。当然駐車場もどこも満車状態。それでもできるだけ旧港に近い場所で駐車したいと、グイグイと街中へ向かって見たのですが、運良くとてもよいところに大規模な駐車場を見つけ、そこも確かにほぼ満車だったのですが入った直後にちょうど出る人がいたため、ここに難なく駐車することができました。すばらしい。 ちなみに、ここもパーキングチケット制、ちょうど小銭を切らし… Read more »

 2016年11月フランス短期旅行日記1:アヴィニョンAvignon、法王庁とレストラン

訪問日時:2016年11月24日 プロヴァンスといえば温暖で落ち着いた、開放的な雰囲気、そして観光資源も豊富、というわけでフランスの中でもとりわけ好きなエリアです。美しい村も数多くあります。というわけで僕にとってはフランスの中でも訪問回数は特に多い街となっています。 訪問4回めにして初めての宿泊 アヴィニョンは、そのプロヴァンスの一中心都市といえるでしょう。今回、前の投稿でもご紹介しましたが、新しく登録されたフランスの最も美しい村「Lussan(ルッサン)」の訪問のため、たった3泊5日のフランス… Read more »

 目指せ脱フルーティー!ワインの味の表現方法あれこれ

ワインに関する本などはよく出ていますが、その味わいの表現の仕方、形容詞、このあたりの話をあまり見かけたことがない? フランスの最も美しい村巡りを通してワインが好きになりました これまではビールのほうが好きだった私ですが、フランスの最も美しい村巡りやメドックマラソンの出場を通して、いつのまにかワインのほうが好きになってしまいました。 美しい村から美しい村へ移動する途中、このようなぶどう畑を頻繁に見かけます。もう見飽きるくらい見たことのある光景です。 そして、こんな村に立ち寄ったり、あるいは泊まって… Read more »