タグ: ヨーロッパ


 2017年4月 スペイン西部とポルトガルの旅 第3部:世界遺産編No.8 -アルコバサ修道院

訪問日時:2017年4月28日、午前11時頃 バターリャ修道院の次に向かったのは、同じく世界遺産に認定されている「アルコバサ修道院」。バターリャからもそう遠くないのでセットの訪問がオススメです。 バターリャよりも大きめなアルコバサ。そして駐車場も大きく、何箇所か存在しています。ただ、人気観光地なのか。 さて簡単にガイドブック(ここは地球の歩き方に載っていました)などの情報をもとにアルコバサ修道院の歴史を簡単に。由来はバターリャよりも古いです。12世紀に、初代ポルトガル国王アルフォンソ・エンリケス… Read more »

 2017年4月 スペイン西部とポルトガルの旅 第3部:世界遺産編No.6 -コインブラ大学-アルタとソフィア

訪問日時:2017年4月27日、午前10時ころ ポルトガル北東部から入国して4日目。前日は世界遺産にも選ばれているコインブラで1泊。そして翌朝は観光。コインブラの街は良い滞在ができましたが、やはり消化不良感あり。再訪したい街がまた増えました。 大学の街コインブラ この地は、他のイベリア半島の地域と同様、12世紀まではイスラム教徒がこの地を支配していたそうで、現在のコインブラ大学があるあたりには要塞があったようです。その後、キリスト教徒に渡ったのです。いつものパターンですね。ここに大学が設立された… Read more »

 2017年4月 スペイン西部とポルトガルの旅、導入編

今年のゴールデンウィークは、スペイン・ポルトガルに行って来ました。目的はスペインは昨年に引き続き「スペインの最も美しい村巡り」を、そしてポルトガルは北部中部を中心に、主に世界遺産に登録されている場所を訪れてきました。もちろんその土地の食事やワインもしっかりと味わってきました。 ということで、いつものようにここでその様子をご紹介していきます。今回はどんな内容になるのか、その導入編ということでお送りいたします。現時点では、次のような構成でお伝えしていこうと考えています。 第一部:移動編 はじめにレン… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-13章:オンフルールの印象派フェスティバル、の前に美味しいレストランでランチを

訪問日時:2016年7月17日、正午頃 観光、のまえに腹ごしらえを。 10年ぶりのオンフルールへ この日のオンフルールは日曜日だったこともあり人がいっぱい。当然駐車場もどこも満車状態。それでもできるだけ旧港に近い場所で駐車したいと、グイグイと街中へ向かって見たのですが、運良くとてもよいところに大規模な駐車場を見つけ、そこも確かにほぼ満車だったのですが入った直後にちょうど出る人がいたため、ここに難なく駐車することができました。すばらしい。 ちなみに、ここもパーキングチケット制、ちょうど小銭を切らし… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-9章:バイユー、ジェラール男爵美術館

訪問日時:2016年7月16日、午後3時頃 ノルマンディ地方の小都市バイユーへ 第二次世界大戦に関連する古戦場巡りはこのあたりにして、この旅前半の主目的のひとつである印象派フェスティバル巡りに再び戻ります。今回ご紹介の訪問地「バイユー」は、ノルマンディ地域圏カルヴァドス県に位置する歴史ある街です。 バイユーは軽く街中を散歩した程度、そして訪問した美術館も2つだけでしたが、そのどちらも充実していたので、2回にわたって書くことにします。 駐車場探しには一苦労。中心にある大聖堂周辺をぐるぐる2周してよ… Read more »

 スペイン・バスクの旅2016年GW:総集編

スペイン・バスクの旅2016年GWシリーズを書き上げるには、旅行を終えてた5月中旬から10月中旬の約5ヶ月もかかってしまいました。もしかして、過去最長かもしれません。 付加的な情報を書くように心がけていました この2年ほどは、ただ写真を貼り付けて簡単なコメントを添えるような投稿ではなく、現地でいただいてきたパンフレット、そしてときに書籍、もちろんネット情報などをもとにして、できるだけ付加的な情報を書こうと心がけています。そのため、一つの記事あたりのボリュームが増え、書き上げる時間もかかっている、… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.36:世界遺産巡り No.9 「アルカラ・デ・エナレスの大学と歴史地区」

訪問日時:2016年5月7日、午前10時頃 今回でついに最終回。駆け足の世界遺産観光となりました。 この旅、最後の訪問地 いよいよ最終日です。この日の午後3時のフライトで、ドバイ経由で帰国します。この旅、最後の訪問地は「アルカラ・デ・エナレス」という街です。前泊地シグエンサから50分程度、そしてマドリード・バラハス空港からは30分程度の距離です。位置関係はこのようになっています。 当初は10時前には到着しておきたかったのですが、思った以上にシグエンサでゆっくりしていたため、出発が遅れ、そして到着… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.3:食事とワイン編 No.3:レストランでの食事編

やはりお肉料理なのです。 スペイン料理といえば…パエリア、ではないです! スペイン料理といえば「パエリア」を思い浮かべる人が多いと思いますが、このパエリアという料理は地中海側のバレンシアやカタルーニャでポピュラーなものであり、それ以外の地域ではマドリードといった大都会を除いてあまり見かけないものです。(こちらはバルセロナ市内でいただいたもの) アラゴンやバスクの田舎はもちろんのこと、都会でも例えば美食の街でも名高いバスク地方のサン・セバスティアン(ドノスティア)などでも、街を歩いていた限りでは、… Read more »

 ドイツと飛び地巡り2015年秋 第11回:中世の再現、ロマンティックな城巡り「ホーエンツォレルン城」と「リヒテンシュタイン城」

どちらも19世紀になって「中世の趣を再現」する目的で再建された城。紅葉がもっとも美しいベストシーズン。 訪問日時:2015年10月27日、天気:晴れ 南西ドイツ、シュヴァーベン地方にあるロマンティックな城へ 世界遺産「僧院の島ライヒェナウ」を出発して、次に向かったのは、シュヴァーベン地方のバーデン=ヴュルテンベルク州にある2つのお城「ホーエンツォレルン城」と「リヒテンシュタイン城」です。ライヒェナウからは2時間ほどドライブとなります。 場所はこのあたり。シュトゥットガルトのちょうど真南に位置して… Read more »

 ドイツと飛び地巡り2015年秋 第10回:世界遺産「僧院の島ライヒェナウ」

訪問日時:2015年10月27日、天気:曇り 地味な島でも実は古い歴史があったのです。 ボーデン湖に浮かぶ小さな島「ライヒェナウ」へ クルマのレッカー移動トラブルも地元の人達の協力で無事に解決でき、これで再び旅行を続けることができるようになりました。しかも、迅速に解決できたこともあり、およそ1時間押しのスケジュールで観光再開できたのは、本当にありがたいことでした。 さて、この日最初に向かったのは、コンスタンツ郊外にある「ライヒェナウ島」です。ここは、という名前でユネスコ世界遺産に認定されています… Read more »