タグ: ヨーロッパ


 2018年7月ブルガリア・ルーマニア・ブルガリア編その2:世界遺産、リラ修道院

空港から直行、ブルガリアへ一番人気の世界遺産へ行きました。 空港から世界遺産へ直行 金曜日夜21時のフライトでイスタンブールへ。イスタンブールで4時間待機からのブルガリア・ソフィア。イスタンブールからは1時間30分程度のフライト、あっという間でした。ソフィア空港に到着したのは午前10時ころ、まずはここでこの旅行でずっとお世話になるクルマを借りました。 何度も海外でレンタカーを運転しているとはいえ最初に借りる時、ましてやはじめての国で運転するときはそれなりに緊張するものです。ましてや東欧、道路事情… Read more »

 2018年7月ブルガリア・ルーマニア・出発編その1:旅の計画、イスタンブール経由でブルガリアへ、クルマを借りる

しばらくは昨年訪問してきたスイスの最も美しい村シリーズとこちらの新シリーズ「2018年7月ブルガリア・ルーマニア」を3から5投稿をめどに交互で連載していきたいと考えています。記憶が失われないようにするため、2018年7月ブルガリア・ルーマニア:イントロダクションなるものをメモ程度の記録しております。 2018年7月ブルガリア・ルーマニア:イントロダクション で宣言した予定通りすすめていきます。 旅の動機は幻のルーマニアの最も美しい村が実はきっかけ? 上記イントロダクション投稿によりますと、第一回… Read more »

 2018年7月ブルガリア・ルーマニア:イントロダクション

2018年7月の旅行ははじめてのブルガリア・ルーマニア。今回は素直に訪問順にご紹介予定。いつ書き終えるかわかりませんので、以下の予定でお送りいたします。 番号 セクション タイトル 内容 1 出発編 旅の計画、イスタンブール経由でブルガリアへ、クルマを借りる いつもどのような感じで事前計画を立てているのか、飛行機での移動の様子、空港でのレンタカー事情をご紹介します。 2 ブルガリア編 世界遺産、リラ修道院 空港から直行、ブルガリアへ一番人気の世界遺産へ行きました。 3 ブルガリア編 世界遺産、ボ… Read more »

 2018年5月フランス小旅行記録:美術館巡りその1、デルヴォー財団美術館

訪問日時:2018年5月6日、午前11時頃 短い滞在時間ではありながら、美術館巡りも大充実の旅でした。 ヨーロッパへの関心は美術から 確かに旅行の大半はヨーロッパ。その原点はやはり子供の頃にあります。親の仕事柄海外出張、特にヨーロッパ出張が多かったため、おみやげを買ってきてもらったり、絵葉書を送ってもらったり、写真を見せてもらったり、など、こうしたやりとりを通して自然と興味が湧いていったのが、ヨーロッパへの関心が強い理由のひとつ。 ヨーロッパの文化といってもいろいろありますが、やはり代表例は音楽… Read more »

 Mélin(メラン)- ワロンの最も美しい村巡り No.30 -★★★☆☆

訪問日時:2017年7月21日、午前12時頃 いよいよ最後のワロンの最も美しい村です。当初はベルギー東部のリエージュ側に行く予定がなかったため、1回の旅行で完全制覇するつもりはなかったのですが、思った以上にワロン地方が小さく時間に余裕ができたため、結果的にリエージュ地方にある美しい村を訪れることができました。 今回ご紹介する村はブリュッセルから南東1時間弱のところに位置してます。確かにほのぼのとした田舎でしたが、いままでの村と比較すると平地の中にあること、またこれまでよく見かけてきたような森がな… Read more »

 Mirwart(ミルヴァール)- ワロンの最も美しい村巡り No.29 -★★★★☆

訪問日時:2017年7月21日、午前10時頃 旅も終盤、そしてワロンの最も美しい村コンプリートまであと2箇所。2泊お世話になったミシュラン一つ星オーベルジュのあるオウルの村を出発。ブリュッセル方向へ向けて北上、の前にオウルから40分ほど東に位置するMirwart(ミルヴァール)という美しい村へ。 こちらの村は、どちらも結局中へ入ることが出来ませんでしたが、公式ガイドブックにもあるように素敵な教会とシャトーを併せ持つ村です。 公式サイト: Les plus beaux villages de Wa… Read more »

 Sohier(ソイエ)- ワロンの最も美しい村巡り No.28 -★★★★☆

訪問日時:2017年7月20日、午後6時頃 7月20日、3箇所目にして最後の美しい村は、宿泊地オウルから30分程度のところにあるソイエという村。とてもお花が印象的な美しい村なので総合評価は4つ星。夕方の到着でしたが、教会の中に入ることができました。ふるさは感じないもののきれいに整備されていて心地よかったです。 観光にも力を入れている感じもします。もっともこの時間、我々以外は誰もいませんでしたが笑。 あまり公式サイトには詳しく書かれていないのですが、教会の姿かたちからすると他の村と同じく17世紀こ… Read more »

 Laforêt(ラフォレ)- ワロンの最も美しい村巡り No.27 -★★☆☆☆

訪問日時:2017年7月20日、午前11時頃 アルデンヌの森にある美しい村ラフォレ。名前のとおり森に囲まれた心地いい村でした。この日は2箇所目となる村。それでも最初のグロフェからクルマで15分程度の近距離なので、まだ午前中のうちに訪問することができました。 クルマの駐車にはとても苦労しました。一見どころでも停められそうな感じだったのですが、そうでもなかった。村少し出たあたりの森の入口あたりにどうにかスペースを発見。村の外といってもいつもどおり小さなところなので、村へは徒歩ですぐ行ける距離です。外… Read more »

 Gros-Fays(グロ・フェ)- ワロンの最も美しい村巡り No.26 -★★★☆☆

訪問日時:2017年7月20日、午前10時頃 今回のワロンの最も美しい村シリーズは、訪問した順に紹介をしております。今回は26箇所目の村。この村を含めて残り5つです。前回のオウルからは日付は変わって2017年7月20日の訪問です。(もう半年以上も前のことだったのですね。) 20日最初の美しい村は、宿泊地のオウルからクルマで40分ほどに位置する「グロフェ」という村です。ブリュッセルからちょうど真南に位置するエリアにあります。このあたりはアルデンヌ地方と言って、豊かな森があるエリアとして知られます。… Read more »

 Oûr(オウル)- ワロンの最も美しい村巡り No.25 -★★★★☆

訪問日時:2017年7月19日-21日、2泊 フランス語圏は食事がいい! ベルギーは大きく2つに別れます。北部はオランダ語が公用語、そして南部はフランス語。プロテスタントとカトリックによって2分されているという理解でよいでしょう。食文化に関してはやはりカトリック・フランス語圏の南部が間違いなく良い! ベルギーの南部に位置するワロン地方も料理が美味しいです。そして数多くのホテルレストラン・オーベルジュが点在しています。そんなオーベルジュが美しい村にもあることがあります。前々回紹介したトルニュイの村… Read more »