タグ: ヨーロッパドライブ


 ドイツと飛び地巡り2015年秋 第13回:ライン渓谷ドライブ

訪問日時:2015年10月28日、天気:雨時々曇り 晴れて欲しかったなあ… ハイデルベルクからライン渓谷へ ハイデルベルクを出発して次に向かったのは、ライン川。ライン川は過去何度も見たことがありますが、その渓谷沿いをゆっくり観光したことはありませんでした。この日の夜はケルンに泊まるので、ルート的には南側にあるマインツからコブレンツあたりまでドライブする予定です。 具体的にはマインツからコブレンツへと続く9号線というライン川西岸を走る道路をドライブしました。地図が小さいのでライン川東岸を走る42号… Read more »

 ドイツと飛び地巡り2015年秋 番外編2:クルマに関する小話

観光編以外にも数回にわたって、ちょっとした小ネタを書いてみます。今回も「ドイツの運転事情、道路事情」の続きです。 ドイツと飛び地巡り2015年秋 番外編1:ドイツの運転事情「アウトバーン」https://www.yuu-koma.jp/?p=9506 人の出口とクルマの出口のドイツ語はちょっと違う 海外旅行の時、特に英語圏以外の場合、「入口」「出口」の現地語表記は知っておいたほうがいい、ということは旅行好きな方たちならよくご存知かと思います。例えばフランス語なら“ENTRÉE &#8… Read more »

 ドイツと飛び地巡り2015年秋 第11回:中世の再現、ロマンティックな城巡り「ホーエンツォレルン城」と「リヒテンシュタイン城」

どちらも19世紀になって「中世の趣を再現」する目的で再建された城。紅葉がもっとも美しいベストシーズン。 訪問日時:2015年10月27日、天気:晴れ 南西ドイツ、シュヴァーベン地方にあるロマンティックな城へ 世界遺産「僧院の島ライヒェナウ」を出発して、次に向かったのは、シュヴァーベン地方のバーデン=ヴュルテンベルク州にある2つのお城「ホーエンツォレルン城」と「リヒテンシュタイン城」です。ライヒェナウからは2時間ほどドライブとなります。 場所はこのあたり。シュトゥットガルトのちょうど真南に位置して… Read more »

 ドイツと飛び地巡り2015年秋 第10回:世界遺産「僧院の島ライヒェナウ」

訪問日時:2015年10月27日、天気:曇り 地味な島でも実は古い歴史があったのです。 ボーデン湖に浮かぶ小さな島「ライヒェナウ」へ クルマのレッカー移動トラブルも地元の人達の協力で無事に解決でき、これで再び旅行を続けることができるようになりました。しかも、迅速に解決できたこともあり、およそ1時間押しのスケジュールで観光再開できたのは、本当にありがたいことでした。 さて、この日最初に向かったのは、コンスタンツ郊外にある「ライヒェナウ島」です。ここは、という名前でユネスコ世界遺産に認定されています… Read more »

 ドイツと飛び地巡り2015年秋 第9回:実はドイツの飛び地?コンスタンツ、駐車違反でレッカー移動!?

訪問日時:2015年10月27日 こんな誕生日の朝は勘弁して欲しいです… 誕生日でした コンスタンツで素晴らしい夜を過ごした翌日の27日は私の誕生日。ありがとうございます。そんな素敵な朝をドイツの地で迎えられたことを大変うれしく思います。 さて、この日の予定も比較的タイト。特に移動距離が長いです。この日の夜は宿泊地が決まっていました。ハイデルベルクで両親たちとミュンヘン以来落ち合う予定です。 とはいえ、前日もたくさん観光したので、比較的ゆっくり目の朝を過ごしました。いつものようにビュフェ形式の朝… Read more »

 ドイツと飛び地巡り2015年秋 第8回:実はドイツの飛び地?コンスタンツでビアホール

訪問日時:2015年10月26日 天気:晴れ この国はどこに行っても美味しいビールが飲める!すばらしい! コンスタンツへ この日のホテルはコンスタンツというドイツの南、ボーデン湖に面した街を選びました。コンスタンツといえば、世界史選択な人たちならきっと「コンスタンツ公会議」を思い浮かべるのではないしょうか。忘れてしまった人、詳細は各自調べてくださいね。 さて、スイスの中のドイツの飛び地「ビュージンゲン」を出発する時にはすっかりと当たりは暗くなっていましたが、クルマに備え付けられたナビ(こっちの人… Read more »

 ドイツと飛び地巡り2015年秋 第7回:スイスの中のドイツ「ビュージンゲン」

訪問日時:2015年10月26日 天気:晴れ どうせ同じドイツ語圏なのでどっちがどっちだかわかりませんが…。 今回のメインテーマのひとつは「飛び地」 みなさまご存知かとは思いますが、あらためて飛び地について説明いたします。 「飛び地」とは「他国の領土によって本土から隔絶された場所」のことで、具体的には次の2つのタイプがあります。 周囲のすべてを他国に囲まれた、内陸の飛び地。(例)ナヒチェヴァン、バールレ 陸上では他国の領土によって隔絶されているが、海などに面している飛び地。(例)カリーニングラー… Read more »

 ドイツと飛び地巡り2015年秋 第6回:ザンクト・ガレンの街と修道院

訪問日時:2015年10月26日 天気:曇り リヒテンシュタインからスイス北東部の街:ザンクト・ガレンへ 好天のリヒテンシュタインの首都ファドゥーツを満喫後は、スイスに戻る予定です。この日の午後の訪問先として選んだのは、スイスの北東部にあるザンクト・ガレンという街。ここには「ザンクト・ガレン修道院」という中世から続く有名な修道院があり、世界遺産にも選ばれています。もっとも現存の建物はバロック時代のもの、これがとても美しいとの評判。 リヒテンシュタインからはひたすら高速に乗りすすむだけ。1時間ちょ… Read more »

 ドイツと飛び地巡り2015年秋 番外編1:ドイツの運転事情「アウトバーン」

観光編以外にも数回にわたって、ちょっとした小ネタを書いてみます。第一回目は「ドイツの運転事情、道路事情」についてです。 ドイツと言えばやっぱり「アウトバーン」 なんといってもこれですよね。まずはこのアウトバーンについて書いてみます。 「アウトバーン(Autobahn)」とはドイツ語で高速道路の意味。アウトバーンといえばドイツの高速道路のことを差す、という思っている人が多いと思いますが、実は同じドイツ語圏のオーストリア、スイスでも高速道路のことをアウトバーンと呼びますので、必ずしもドイツの高速道路… Read more »

 ドイツと飛び地巡り2015年秋 第5回:リヒテンシュタイン・ファドゥーツを旅する

訪問日時:2015年10月26日 天気:晴れ いよいよファドゥーツ観光開始です。 リヒテンシュタインについて はじめに、ヨーロッパの小国「リヒテンシュタイン公国」について簡単におさらいします。以下では、Wikipediaを参考に加工して書きます。 まずは場所はこのあたりです。 南北に25キロメートル、東西に6キロメートルしかない非常に小さい国(世界で6番目に小さい)です。面積は160km2。このサイトによると、東京23区(621 平方km)の4分の1程度、アメリカ合衆国で1年間に消費されるピザの… Read more »