タグ: ヨーロッパドライブ


 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-10章:バイユーのタペストリー

訪問日時:2016年7月16日、午後3時頃 こういうときにこそ世界史選択の知識が発揮されるのです。ヨーロッパ旅行の面白さはここにあり。 英仏の因縁の起源「ノルマン・コンクエスト」を綴った壮大なタペストリー ノルマンディといえば、第2次世界大戦末期のノルマンディ上陸作戦で有名ですが、そんな英仏海峡を挟んだ戦いはいまからおよそ1,000年前にも行われました。 イギリスとフランスは中世より数々の紛争を行ってきていますが、その起源となるのが「ノルマン・コンクエスト」といっても過言ではありません。 htt… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-9章:バイユー、ジェラール男爵美術館

訪問日時:2016年7月16日、午後3時頃 ノルマンディ地方の小都市バイユーへ 第二次世界大戦に関連する古戦場巡りはこのあたりにして、この旅前半の主目的のひとつである印象派フェスティバル巡りに再び戻ります。今回ご紹介の訪問地「バイユー」は、ノルマンディ地域圏カルヴァドス県に位置する歴史ある街です。 バイユーは軽く街中を散歩した程度、そして訪問した美術館も2つだけでしたが、そのどちらも充実していたので、2回にわたって書くことにします。 駐車場探しには一苦労。中心にある大聖堂周辺をぐるぐる2周してよ… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-2章:ジュミエージュ修道院

ミシュラン・グリーンガイド掲載の修道院 今回の旅、最初の目的地は、ルーアン郊外にある「ジュミエージュ修道院(Abbaye de Jumièges)」。あまりお聞きになったことがある人は少ない、というか殆どいないような気がしますが、実はここ、ミシュラン・グリーンガイドで★ ★ ★(3つ星)にも選ばれている修道院なのです。 場所はこのあたり。ルーアンから更に西側、セーヌ川上流に向かう方向にあります。このあたりのセーヌはかなり蛇行しています。 まずはシャルルドゴール空港から高速でルーアン方向へ、そして… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-1章:ノルマンディ観光と印象派フェスティバルへいざ出発

2016年7月15日午前6時頃、天気:晴れ 今回はエールフランス直行便でパリへ 今回はものすごく久しぶりにエールフランス直行便でパリへと向かいました。いつものように深夜便、会社から直接空港へ向かうというパターンです。はやめに手配をしていたので、そこまで高いフライトではありませんでしたが、それでもやはり最近ずっと使っている中東経由の瓶と比べるとどううしても割高に感じてしまいます。 エールフランスは、2014年9月のメドックマラソン以来。あのときはストに巻き込まれて大変な思いをしました。 そういえば… Read more »

 Saint Jean Pied de Port(サン・ジャン・ピエ・ド・ポール)- フランスの最も美しい村巡り2016 No.3 -★★★★★

訪問日時:2016年5月2日午前11時頃 フレンチバスクにまた一つ美しい村が増えました。 2016年6月27日にフランスの最も美しい村に新たな仲間が! 今朝起きてすぐにフェイスブックを眺めていたところ、こんなニュースが目に飛び込んできました。 Bienvenue à Saint-Jean-Pied-de-Port ! 新たにフランスの最も美しい村が増えたようです。それは、「Saint Jean Pied de Port(サン・ジャン・ピエ・ド・ポール)」。 このニュースはサン・ジャン・ピエ・ド・… Read more »

 Calaceite(カラセイテ) – スペインの最も美しい村巡り No.7 – ★★★☆☆

訪問日時:2016年4月25日 午後7時頃 この日最後の美しい村、そしてこの日の宿泊地となります。実は同日3つ目の村「モレッラ」を出発する前に、この日の宿を探しました。どのあたりにしようか悩んだのですが、この日最後の美しい村であるここ「カラセイテ」にホテルがいくつかあることがわかました。 時間的にもちょうどこの村が最後となり仮にここを観光し終えてから宿泊地へ向かうとしては最低1時間はかかりそう、そもそもこの村にたどり着くのが夕方6時を超えそう、ということで、この美しい村に宿泊することに決めました… Read more »

 Puertomingalvo(プエルトミンガルヴォ) – スペインの最も美しい村巡り No.3 – ★★★☆☆

訪問日時:2016年4月25日午前10時頃 美しい村が集中するエリアを行く スペインに到着して3日目。この日はオール美しい村巡りの日。 というのは、バレンシア北側から北東にかけて、スペインの最も美しい村が続くからです。 この日は5箇所の村を訪れました。ひとつだけマーカーの色が違うところが今回紹介する「Puertomingalvo(プエルトミンガルヴォ)」という村。なお、よく見るとマーカーが6つあります。なぜこの日は5つかというと、このプエルトミンガルヴォの左下(南西)にある村は、前々回に当ブログ… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.6:世界遺産巡り No.2 「テルエル」アラゴンのムデハル様式の建築物

訪問日時:2016年4月24日(1泊) ちょっと不便だけど素敵なテルエル 世界遺産巡りシリーズに一旦戻ります。スペイン2日目の夜はアラゴン州にある「テルエル」という街に泊まることにしました。 テルエルという街の場所はこちら。 この街はちょっと不便なところにあります。一応サラゴサとバレンシアを結ぶ高速道路上にありますが、ご覧のとおりマドリードからだと大きく迂回していかなければ辿りつけません。直通の電車も走っていないそうです。しかも山岳地帯の中、標高は900mを超えるので、スペインといえども気温は低… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.5:世界遺産巡り No.1 歴史的城塞都市クエンカ

訪問日時:2016年4月23日、24日 世界遺産巡りも目的の一つ 今回からは、2016年GWに訪問してきたスペインにおける「世界遺産」をご紹介したいと思います。もちろん世界遺産巡りも旅の目的のひとつです。特に今回は訪問場所が通算200箇所を超えた記念すべき旅となりました。 ご参考:訪問世界遺産の一覧 今回の旅で新しく訪問した世界遺産は以下のとおりです。スペンは通算28箇所目。 21.歴史的城塞都市クエンカ – (1996年) 22.アラゴンのムデハル様式の建築物 – (1… Read more »

 La Bastide Clairence(ラ・バスティード・クレランス)再訪- フランスの最も美しい村巡り2016 No.2 -★★★★☆

訪問日時:2016年5月2日、午後4時頃 さて、今回も前回と同じくフランスの最も美しい村巡りのお話です。2014年に新規登録された美しい村ナヴァラン訪問の次に向かったのは、同じくピレネー=アトランティック県にあるLa Bastide Clairence(ラ・バスティード・クレランス)という美しい村。先ほどのナヴァランよりも西側にあります。同じ県に属していますが、このあたりはいわゆるとなります。 ここも新しく追加された村なのか、いえ違います。僕が2010年にフランスの最も美しい村巡りを始めたころか… Read more »