タグ: ヨーロッパドライブ


 世界遺産:レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観、クルマでほぼ制覇:2017年9月スイス・フランス旅行記 No.5

訪問日時:2017年9月13日、14日 いくつもの偶然が重なって、まったく電車に乗っていないのにもかかわらず、気がついたら大満喫の世界遺産観光ができました。 偶然その1:アルブラ線、サンモリッツへ向かう途中にあの石橋に出会う 僕の旅行は運転好きというのもあるので、おおかたレンタカーの旅ですが、スイスを走っていると比較的高頻度で電車の方がいいかもと思うことが多いです。スイスの鉄道といえば、 1. 景色がいい(クルマより見晴らしが良いところを走る) 2. 険しい峠も楽々通過(時間かかるけど) の2項… Read more »

 スイスの高速道路とサービスエリアのビュッフェ、給油事情:2017年9月スイス・フランス旅行記 No.4

昨年9月の旅行記、番外編その1です。スイスの高速道路についてです。スイスの高速道路は初期コスト40スイスフラン(ヴィニエット)こそ高いものの一度買ってしまえばあとは乗り放題なので、案外安いと言えるのかもしれません。最もドイツやイギリスは無料だし、オーストリア、チェコ(いまはどうだったかな?)などは1週間タイプがあるのでそれらと比べたら高いです。 スイスの高速道路の走り心地は正直フランス、オーストリア、スペインと比べるとあまり良くありません。そもそも国土が狭いのと広く見通しの良い場所があまりないの… Read more »

 第一部:googleマップのタイムライン機能 2017年4月 スペイン西部とポルトガルの旅

Googleマップがヨーロッパドライブには欠かせないアプリとなって久しいです。 ナビは言わずもがな、ヨーロッパドライブには最必需品 今回も頼りまくりました。紙の地図を一切持たなくなってかなり久しいです。 ただし、時々最短ルートが故に、結構険しい道を案内されることもあります。それはそれで楽しかったりするのですが、走りづらい、時には危険な箇所もありますので注意が必要です。 また、目的地に近づいて駐車場を探すとき、特に大きな街などで運転する場合は、ナビゆっくり見ている余裕などありませんから、その場での… Read more »

 第一部:スペインとポルトガルの高速道路の仕組み、EASYTOLLへの登録 2017年4月 スペイン西部とポルトガルの旅

クルマの旅では当然ですが高速道路を多用します。スペインやポルトガルでも他のヨーロッパ諸国同様、全土に高速道路網が張り巡らされているのでとても便利です。 スペインの高速は無料のところが殆ど(今回はすべて無料) まずは簡単にスペインの高速道路について書いてみます。 今回は走った区間では、マドリード近郊以外ではなんと一切お金が変わりませんでした。昨年旅したアラゴンやカタルーニャではおもったよりかかった気がするのですがそれとはとても対照的です。どうして日本ではこんなにも高いのでしょうか。 ちなみに無料で… Read more »

 第一部:レンタカー 2017年4月 スペイン西部とポルトガルの旅

ヨーロッパでレンタカーを借りるという旅も12年目を迎えております。当初は電車ではアクセスしづらい地域を旅したいのが目的でしたが、今となってはむしろ運転が主目的になっといっても過言ではありません。いやもちろん観光も大事な目的です。 Rentalcars.comでのレンタル 今回はスペイン・マドリードのバラハス空港でクルマを借りました。最近はすっかりおなじみとなったrentalcars.comでの手配。最近はAvisに当たることが多いです。 ご参考:格安レンタカー  最安値保証  すぐに予約! &#… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 3-3章:コート・ド・ボーヌをドライブ、ボーヌでお買い物

訪問日時:2016年7月20日 現地の観光案内所でアペラシオン・ガイドを購入 4年ぶりのブルゴーニュ観光。前回来たときはフランスの最も美しい村巡りのときでした。今回もワイン関連の観光をしてきました。 まず観光前日にディジョン市内ある観光案内所へ行き、ワインセラー巡りの調査をすることにしました。確かに多くのセラー巡りツアーがあって面白そうだったのですが、安いものでも一人あたり60ユーロ、欲張りなツアーをするなら100ユーロとやっぱり高い…。確かにいろいろ説明してもらえるし試飲もできますが、簡単に車… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 3-1章:セーヌ川河口にかかるノルマンディ大橋を渡る

訪問日時:7月16日午前9時頃 今回から、2016年7月のフランス旅行のノルマンディ以外の場所での観光編が始まりますが、実はノルマンディ訪問時に行ったのですが第1章で書き忘れていたネタがあったので、まずはそちらから書いてみます。 ノルマンディ大橋とはオンフルールとル・アーブルの間に流れるセーヌ川にかかる大きな橋。この橋ができたのは1995年のこと。それまでは両都市間を行き来するには40分以上も時間がかかったそうですが、この橋ができたおかげでその時間が15分ほどに短縮されたそうです。 今回はル・ア… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-10章:バイユーのタペストリー

訪問日時:2016年7月16日、午後3時頃 こういうときにこそ世界史選択の知識が発揮されるのです。ヨーロッパ旅行の面白さはここにあり。 英仏の因縁の起源「ノルマン・コンクエスト」を綴った壮大なタペストリー ノルマンディといえば、第2次世界大戦末期のノルマンディ上陸作戦で有名ですが、そんな英仏海峡を挟んだ戦いはいまからおよそ1,000年前にも行われました。 イギリスとフランスは中世より数々の紛争を行ってきていますが、その起源となるのが「ノルマン・コンクエスト」といっても過言ではありません。 htt… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-9章:バイユー、ジェラール男爵美術館

訪問日時:2016年7月16日、午後3時頃 ノルマンディ地方の小都市バイユーへ 第二次世界大戦に関連する古戦場巡りはこのあたりにして、この旅前半の主目的のひとつである印象派フェスティバル巡りに再び戻ります。今回ご紹介の訪問地「バイユー」は、ノルマンディ地域圏カルヴァドス県に位置する歴史ある街です。 バイユーは軽く街中を散歩した程度、そして訪問した美術館も2つだけでしたが、そのどちらも充実していたので、2回にわたって書くことにします。 駐車場探しには一苦労。中心にある大聖堂周辺をぐるぐる2周してよ… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-2章:ジュミエージュ修道院

ミシュラン・グリーンガイド掲載の修道院 今回の旅、最初の目的地は、ルーアン郊外にある「ジュミエージュ修道院(Abbaye de Jumièges)」。あまりお聞きになったことがある人は少ない、というか殆どいないような気がしますが、実はここ、ミシュラン・グリーンガイドで★ ★ ★(3つ星)にも選ばれている修道院なのです。 場所はこのあたり。ルーアンから更に西側、セーヌ川上流に向かう方向にあります。このあたりのセーヌはかなり蛇行しています。 まずはシャルルドゴール空港から高速でルーアン方向へ、そして… Read more »