タグ: フランス


 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 3-5章:オルナンとクールベ美術館、印象派展

訪問日時:2016年7月21日、午後3時頃 画家クールベの故郷へ フランシュ・コンテ地域圏紀行が続きます。今回ご紹介するのはジュラ県にある小さな街「オルナン」を訪れたときのお話。 以前この地域圏に来たときはフランスの最も美しい村訪問の真っ最中でした。スイスにあるレマン湖の南側の一部はフランス領になっています。その場所にイヴォワールという美しい村に選ばれている村がありました。 Yvoire(イヴォワール)- フランスで最も美しい村巡り2011 No.41 -★★★★★ その後、レマン湖の西にあるジ… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 3-4章:世界遺産、ロンシャン「ノートルダム=デュ=オー礼拝堂」

訪問日時:2016年7月21日、正午頃 ちょうど旅行中に世界遺産になったばかりの名所 予定を持て余していた21日、この日の朝はディジョンにいました。ブルゴーニュ公国の都だったところです。前日はちょうど直前の投稿でご紹介したとおり、コート・ド・ボーヌをドライブしていました。前日までで予定していたブルゴーニュ観光は完了し、この日からお隣のフランシュ・コンテへと入ることになっていましたが、正直、グルメの宝庫とはいえ観光どころは多くなく、アルケスナンの製塩所あるいは美しい村巡りなどはもう何年も前に訪れて… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 3-3章:コート・ド・ボーヌをドライブ、ボーヌでお買い物

訪問日時:2016年7月20日 現地の観光案内所でアペラシオン・ガイドを購入 4年ぶりのブルゴーニュ観光。前回来たときはフランスの最も美しい村巡りのときでした。今回もワイン関連の観光をしてきました。 まず観光前日にディジョン市内ある観光案内所へ行き、ワインセラー巡りの調査をすることにしました。確かに多くのセラー巡りツアーがあって面白そうだったのですが、安いものでも一人あたり60ユーロ、欲張りなツアーをするなら100ユーロとやっぱり高い…。確かにいろいろ説明してもらえるし試飲もできますが、簡単に車… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 3-2章:ロワール渓谷の城巡り「シュヴェルニー城」、レゴとのコラボレーション

訪問日時:2016年7月18日、午後2時頃 ロワール渓谷はヨーロッパドライブの原点 妻と合流して最初に向かったのはロワール渓谷。この日は終日ロワールで過ごしました。もちろん世界遺産になっているお城巡りがめいんですが、もう一つのメインはこちらのオーベルジュに泊まることでしたね。そのオーベルジュについては以下の記事で詳しく描かせて頂きました。 参考記事:2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 2-1章:ロワール地方のミシュラン1つ星オーベルジュ「La Maison d’à Côté par … Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 3-1章:セーヌ川河口にかかるノルマンディ大橋を渡る

訪問日時:7月16日午前9時頃 今回から、2016年7月のフランス旅行のノルマンディ以外の場所での観光編が始まりますが、実はノルマンディ訪問時に行ったのですが第1章で書き忘れていたネタがあったので、まずはそちらから書いてみます。 ノルマンディ大橋とはオンフルールとル・アーブルの間に流れるセーヌ川にかかる大きな橋。この橋ができたのは1995年のこと。それまでは両都市間を行き来するには40分以上も時間がかかったそうですが、この橋ができたおかげでその時間が15分ほどに短縮されたそうです。 今回はル・ア… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 2-6章:パリ6区にあるレストラン「L’Epigramme」

訪問日時:2016年7月23日 友人から教えてもらったパリのちいさなレストラン 第2章グルメ編の最終章はパリ6区のあるレストランです。 お店のウェブサイト:L'Epigramme (Trip Advisor) パリ6区といえば、サンジェルマン・デ・プレ、オデオン、そしてカルチェ・ラタンは、パリの中では比較的歴史もあるエリア。現在は観光客はもちろんのこと、特に学生さんが多いエリアとしても有名ですよね。僕もパリの中ではこの界隈が特に好きで、ちょっと高いのですが、宿はこの辺りに手配することが多… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 2-5章:日本人シェフによるオーセールのミシュラン1つ星レストラン「L’Aspérule」

訪問日時:2016年7月22日 再びブルゴーニュへ、ヨンヌ県の都オーセール フランシュ・コンテ地方から再びブルゴーニュ地方へと戻ってきました。この日の宿泊地はオーセールという街。ブルゴーニュの一番北側にあるヨンヌ県の県庁所在地です。白ワインで有名なシャブリはこの街のすぐ近くにあります。一的にはパリとディジョンの中間くらいでしょうか。

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 2-4章:ジュラ県アルボワのミシュラン2つ星オーベルジュ「Maison Jeunet」

訪問日時:2016年7月21日 ブルゴーニュからフランシュ・コンテへ グルメの旅、ミシュランガイド掲載レストラン行脚の旅も4日目を迎えました。本日の目的地は「アルボワ」の街にあるミシュラン2つ星オーベルジュです。 予約はホテルのサイトから直接行いました。フランス語でのやりとりとなりましたが、レストランの予約も同時にできるので非常に便利でした。Booking.comといったポータルサイトなどでは予約できないようでした。 オーベルジュのサイト:http://www.maison-jeunet.com… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 2-3章:ディジョンのミシュラン2つ星レストラン「William Frachot」

訪問日時:2016年7月20日 ブルゴーニュの首都ディジョン2日目の夜もレストランを予約していました。 ディジョン2日目の夜はミシュラン2つ星「William Frachot」 ディジョンには2泊。目的はもちろん著名なレストラン巡りです。この日の夜も前日と同様ディジョン市内のミシュランガイド掲載のレストランへ、ミシュラン2つ星を獲得しているというレストランです。こちらもミシュランのサイト「ViaMichelin」から予約しました。 ViaMichelinのサイトより:https://www.vi… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 2-2章:ディジョンのミシュラン1つ星レストラン「Stéphane Derbord」

訪問日時:2016年7月19日 ブルゴーニュ公国の都ディジョンでは2泊することになりました。2晩ともこの街にある著名なレストランを予約しています。 ネットでの予約:ミシュランのサイトから それぞれホテルとは別のところにあるレストランなので、両方共ネットで予約して行きました。どちらもミシュランのサイト:ViaMichelinから予約可能でした。スクリーンショットはフランス語版で撮りましたが、英語版もありますので大丈夫です。 ViaMichelinのサイトより:https://www.viamich… Read more »