タグ: バスク


 スペイン・バスクの旅2016年GW:総集編

スペイン・バスクの旅2016年GWシリーズを書き上げるには、旅行を終えてた5月中旬から10月中旬の約5ヶ月もかかってしまいました。もしかして、過去最長かもしれません。 付加的な情報を書くように心がけていました この2年ほどは、ただ写真を貼り付けて簡単なコメントを添えるような投稿ではなく、現地でいただいてきたパンフレット、そしてときに書籍、もちろんネット情報などをもとにして、できるだけ付加的な情報を書こうと心がけています。そのため、一つの記事あたりのボリュームが増え、書き上げる時間もかかっている、… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.24:サン・セバスティアン(ドノスティア)その2 食事編

訪問日時:2016年5月2日、3日(一泊) ピンチョスの街 ビスケー湾を臨むスペインでも屈指の観光地「サン・セバスティアン」は、美食の街としてもその名を轟かせています。なんといってもこの地発祥の名物といえばピンチョス。特に旧市街の路地裏には所狭しとバルが並んでおり、通りから簡単に覗きこむ程度でも数多くの華やかなピンチョスの展示を見ることができます。 「ピンチョス」とは何か。Wikipedia先生お願いします。 小さく切ったパンに少量の食べ物がのせられた軽食のことである。名称はかつては食材を串や楊… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.23:サン・セバスティアン(ドノスティア)その1 ホテル、街歩き、欧州文化首都編

訪問日時:2016年5月2日、3日(1泊) ヨーロッパでも美食の街として名高い街。2泊してもよかったなあ…。サン・セバスティアン日記はボリュームがあるので全部で2回、まずは観光編から。(もう一回は食事編です) スペイン・バスク地方で最もにぎやかな街 この日の宿泊地は「サン・セバスティアン」、これはスペイン語での呼び方であってバスク名「ドノスティア」です。ちなみにGoogle Mapをみるとドノスティアと表記されるようです。 フレンチバスクのシブール、サン・ジャン・ド・リュズからこの街までは、高速… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.21:フレンチ・バスク、フランスの最も美しい村巡り総集編

訪問日時:2016年5月2日、午後 安心感!フレンチ・バスク巡り。 ピレネーを超えてフランス領へ サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路、ル・ピュイの道を遡ってフランス領へ。フランス領へ来た目的はル・ピュイの道制覇の一貫もありますが、もう一つ大事な目的はフランスの最も美しい村巡りでした。 ロンセスバージェスを過ぎ、イバニェタ峠を超えしばらく坂を下るとフランスへ。道路標識もフランス式に変わります。ああ、なんでしょう、この安心感。やはり僕にとってのヨーロッパドライブの原点でもあるフランス、基本的なル… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.18:ヴィトリア・ガステイス

駆け足で街中を歩いただけ、でもよく調べたらいろいろ面白そうでした。日程調整難しい…。 訪問日時:2016年5月1日、午後4時頃 バスク州の古都 今回ははじめてのスペインバスク訪問なので、とりあえず主要都市はざっとでもいいので訪れてみよう、ということで、いわゆるバスク州の主要都市の3つのうちの一つヴィトリアへ向かうことに。ちなみにこの3都市とは「サン・セバスティアン(ドノスティア)」「ビルバオ(ビルボ)」そしてここ「ヴィトリア(ガステイス)」。かっこ内はバスク名です。 位置はこの辺り。サン・セバス… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.17:バスク地方の小さな街「ゲルニカ」

念願叶う訪問。バスクの小さな街へ。 訪問日時:2016年5月1日、午後1時頃 あのゲルニカの現場へ 「ゲルニカ」、おそらくこの言葉、地名を知らない人は少ないと思います。言わずと知れたピカソの代表作「ゲルニカ」、ゲルニカとはスペイン・バスク自治州にある小さな街。スペイン内戦時代の1937年4月26日、フランコによる反乱軍鎮圧を目的とした空爆がこの小さな村を襲いました。 このことは当時のヨーロッパでも大々的に報道され、国際社会から数多くの非難を浴びました。そんな非難や抗議の一環として描かれたのが、有… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.15:ビルバオの美術館

訪問日時:2016年4月30日午後3時頃 芸術の街ビルバオへ。 ビルバオ市内へ おもしろ世界遺産「ビスカヤ橋」からネルビオン川をさかのぼるような形でビルバオ市内へ。高速、というのは憚れるくらい低速でかつ入り組んでいて、そして混雑している運転しにくい道を40分ほど進み、ビルバオ市内へとやってきました。このビルバオは、まるで天然の要塞のようで、周りを400m級の山々に囲まれ、決して広くない盆地に位置しています。 ビルバオ市内の第一印象は非常に都会的で芸術的、これにつきます。高層ビル群、そしてこの後紹… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.14:世界遺産巡り No.8 「ビスカヤ橋」

訪問日時:2016年4月30日、午後1時頃 この旅で最も「楽しかった!」世界遺産かもしれない。 スペイン・バスクへ これまでフランス・スペインの数多くの地域を訪問していますが、意外?にも魅力満載のバスク地方、スペイン側のバスク地方に訪問したことはありませんでした。厳密に言えば足を踏み入れた程度であれば、5年前に行っていたフランスの最も美しい村巡りの際に、少しだけあるのですが。 ということで、今回のスペイン旅行の目的のひとつはこのバスクへの訪問でした。 まずブルゴスから高速でビルバオ方向へと向かい… Read more »

 La Bastide Clairence(ラ・バスティード・クレランス)再訪- フランスの最も美しい村巡り2016 No.2 -★★★★☆

訪問日時:2016年5月2日、午後4時頃 さて、今回も前回と同じくフランスの最も美しい村巡りのお話です。2014年に新規登録された美しい村ナヴァラン訪問の次に向かったのは、同じくピレネー=アトランティック県にあるLa Bastide Clairence(ラ・バスティード・クレランス)という美しい村。先ほどのナヴァランよりも西側にあります。同じ県に属していますが、このあたりはいわゆるとなります。 ここも新しく追加された村なのか、いえ違います。僕が2010年にフランスの最も美しい村巡りを始めたころか… Read more »

 2016年のGWはスペイン・バスク、スペインの美しい村とバル調査の旅

photo by Keta – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 2.5 photo by Fernando on flickr: Plaza Santillana del Mar 今年のテーマは、「バスクとバルと美しい村」。 今回はスペインの北部、バスク地方へ はじめてのヨーロッパでのドライブは2006年のフランス・ロワールの城巡りがはじめでしたから、それからもう10年が経つのですね。このレンタカーを利用した旅行をきっかけに一気に行動範囲が広がり、そして、20代はほとんど運… Read more »