タグ: スイス


 2017年9年 スイス・フランス編、イントロダクション

またしばらく更新が止まってしまいました。アクセス数が落ちてきている…。当然か。 そんな2017年9月ですが、転職に伴う有給消化を利用して、2017年9月11日から9月28日まで(日本出発10日夜、現地出発29日朝)、18日かけてスイスとフランスに行っていました。これくらいの長い期間旅行したのは、ちょうど11年前、同じく転職したとき以来。その時もフランスとスイスを旅してきました。 スイスの最も美しい村巡り スイスにも最も美しい村協会があることを発見。 参考:Les plus beaux Villa… Read more »

 ドイツと飛び地巡り2015年秋 第7回:スイスの中のドイツ「ビュージンゲン」

訪問日時:2015年10月26日 天気:晴れ どうせ同じドイツ語圏なのでどっちがどっちだかわかりませんが…。 今回のメインテーマのひとつは「飛び地」 みなさまご存知かとは思いますが、あらためて飛び地について説明いたします。 「飛び地」とは「他国の領土によって本土から隔絶された場所」のことで、具体的には次の2つのタイプがあります。 周囲のすべてを他国に囲まれた、内陸の飛び地。(例)ナヒチェヴァン、バールレ 陸上では他国の領土によって隔絶されているが、海などに面している飛び地。(例)カリーニングラー… Read more »

 ドイツと飛び地巡り2015年秋 第6回:ザンクト・ガレンの街と修道院

訪問日時:2015年10月26日 天気:曇り リヒテンシュタインからスイス北東部の街:ザンクト・ガレンへ 好天のリヒテンシュタインの首都ファドゥーツを満喫後は、スイスに戻る予定です。この日の午後の訪問先として選んだのは、スイスの北東部にあるザンクト・ガレンという街。ここには「ザンクト・ガレン修道院」という中世から続く有名な修道院があり、世界遺産にも選ばれています。もっとも現存の建物はバロック時代のもの、これがとても美しいとの評判。 リヒテンシュタインからはひたすら高速に乗りすすむだけ。1時間ちょ… Read more »

 【2006年 EURO 2】 -Finale-Paris そして帰国

7月18日 フランス滞在最終日。今日の夜の便でフランスをたちます。 さて、朝方Provinsを散歩。主要な観光地はまだ開いていません。町並み、たしかに世界遺産のようですが、これまで訪れた村・街のほうがずっと雰囲気が出ていたように思いました。 そのままParisへ向かいました。 途中、とても眠かったので、国道の脇で車を止めて少しお昼寝。 Parisについたのは、12時くらいでした。とりあえずオルセーに向かったのですが、結局ここを見終えて気がつけば15時。時間的な余裕を見て早めにParisから空港に… Read more »

 【2006年 EURO 2】-No.15-Paris

22:00 7月17日 今日はParis。市内を車で走ってしまいました。 まず、2年前に以前行くことができなかったポンピドゥーセンターの近代美術館、オランジェリー美術館に行きました。 ポンピドゥーは、ブラック、マティスがとてもいいです。オランジェリー、本当に質の高いコレクションだと思います。ここのマティスは特にいいです。 それから、ノートルダムにも。こちらは始めてパリに行ったときに一度見ていますが、それは8年前の話。もう一度ゆっくり見てみたいとおもっていくことにしました。 とても美しい・・・。 … Read more »

 【2006年 EURO 2】-No.13-Grand Prix de France 2

17:30  7月15日 とにかく、フランスは暑い!今日の昼間は37度以上は軽くあったと思います。ましてやコンクリート、アスファルトづくしのサーキット。半端ではない暑さです。とにかく日射病にならないよう、大量の水と帽子、そして直射日光を避けるための大き目のタオルを用意していきました。 昨日は見ることができなかったFormula oneの迫力。想像以上でした。そして、予選が、これほどまでに面白いとは・・・。 それにしてもシューマッハとアロンソの人気は凄い! ところで、予選を終えて本日の宿をめざして… Read more »

 【2006年 EURO 2】-No.12-Grand Prix de France 1

17:30 7月14日 この日はフランス革命の日ということで祝日です。祝日というのは、観光地やガソリンスタンドを含むお店が閉まってしまいます。 といわけで、祝日ということをすっかり失念していたため、予定してた世界文化遺産に指定されているOrange(オランジェ)の古代劇場の観光ができないだろう、と考え、急遽、Provenceから一気にフランス中部に移動しF1グランプリが行われているMagny-Cours(マニ・クール)へと向かうことにしました。どうもチケットが取れるかどうか気がかりだったので、予… Read more »

 【2006年 EURO 2】-No.11-Les Baux de Provence

7月13日 一人旅というのは、ツアーと違ってすべてが自由である分、なかなか思い通りに行かないことも多々あります。はじめのほうは、そんなトラブルを楽しむ余裕があるのですが、10日近くも旅をしていると、思い通りにいかないささいなトラブルでもイライラしてしまうようになってきています。 たとえば昨日のコクトー美術館。12時から14時の間はしまっている、ということは気づきませんでした。パリなど大都市の美術館ではめったにありませんので、結局はこうしたささいなトラブルを何度も経験して自然と気づくようになるので… Read more »

 【2006年 EURO 2】-No.10- Aix-en-Provence

7月12日 今日は、レジェとコクトーには振られましたが、セザンヌという天使が現れました。 はじめにNiceへと向かいました。 途中、Promenade des Anglais(プロムナード・デザングレ)を通ります。 午前、マティス、シャガールには会えました。 マティス美術館の近くに「レジナ」という高級アパルトマンあります。マティスが住んでいたようです。 マティス、どうやらあまり好きではないようです。 一方のシャガールは、さらにファンになってしまいました。というのも、これまでゆっくりとシャガールを… Read more »