【2007 EURO Itary】-No.6 ナポリ、ポンペイ、アッシジ

例の車のトラブルがあったわりにはぐっすりと眠ることができたと思います。おかげで体調、精神力ともに十分回復したと思います。
今朝は7時50分くらいにホテルをチェックアウトしてから1時間30分くらいナポリ市内を観光しました。




建物しか写していませんが、はっきりいって誇りっぽい汚れた街でした。ただ、ところどころに歴史を感じさせる建物もあるのは事実です。街の中心地である王宮周辺、このあたりは世界文化遺遺産に登録されているのですが、この周辺はきれいに掃除されていました。それでも王宮正面のプレビシート広場の中央にある騎馬像の台座がらくがきされていたりと、正直がっかりすることの多い街でした。
「ナポリを見て死ね」なんて言われていますが、命をかけてまで観光する価値は正直ないと思います。ナポリによるくらいなら早々にカプリ島やソレント、アマルフィ海岸へ向かったほうがベターです。少々残念なのは、サンタ・キアーラ協会に行かなかったことくらいでしょうか。行く時間がないわけではなかったのですが、あまりこの街に長く滞在したくなかったので、たまたま遭遇した空港行きのバスに乗って早々車を取りに行きました。車は昨日空港の駐車場に停車していました。
フォードの「イモビライザー」というものがはじめはよくわかりませんでしたが、HERTZの人に再度教えてもらって無事車を走らせることができました。昨日すでに1時間くらいのって徐々にマニュアル車のコツがわかってきているようです。予定通りポンペイに向かいました。
ポンペイは、A3という高速道路を降りて目の前で、インターチェンジも「POMPEI」そのもの。迷わずにいけると思いきや、その一つ手前に「POMPEI ****(oから始まる6文字程度の単語)」という非常にまぎらわしい出口で降りてしまい、少々迷ってしまいましたが、それでも15分ほどで無事到着できました。
残念ながら到着したあたりから雨が降り出し、その雨足は次第に強くなりました。そのおかげで一眼レフのレンズが雨にぬれるため、写真をとるのに非常に苦労しました。



ポンペイは、予想以上に広かったです。そして本当に古代の町の息吹をじかに感じることができました。「そのまま」残っていた、まさにそう表現するのが適切ですが、これは実際にいったものでないと感じることができないでしょう。「そのままさ」に感激しました。本当に雨が悔やまれました。
さて、11時30分すぎには観光を終え、あとは本日の宿アッシジを目指してひたすら北上です。代替の車は、コンパクトですが非常にパワーがあり、スピードを出しても安定します。イタリアの高速は制限速度が130kmと聞いていますが、みな普通に150?160kmで走っています。150kmで走っていてもパッシングされたりします。代替車は5速までですので、150kmでは4000?5000回転くらいでエンジンが回るのでエンジン音がうるさいのですが、それでもやはり運転にだいぶ慣れてきたのか音楽を聴く余裕がようやくできてくるようになりました。
途中、パーキングエリアで休憩。フランスのものと同じような感じでした。


写真にはおさめていないのですが、ポンペイからローマ郊外を経由してアッシジへ向かう途中、高速道路のわきには歴史情緒あふれる中世の町がなんども目に入ってきました。
相変わらず、高速の出口を間違えたり、ランプを降りてからも何度か方向を間違えながらも、ポンペイを出発して6時間余りで本日の目的地アッシジにたどり着くことができました。アッシジは、やや丘の上にそびえる中世の小都市といった感じですが、ふもとからみる町の景色の美しさは格別でした。

とっても素敵なホテルです。
チェックインするときに名乗ろうとしましたが、向こうから”Mr.Komata?”と言われてしまいました。ヨーロッパを一人で旅行してはや数年たちますが、こういう経験はよくします。そんなに一人でくる日本人はめずらしのでしょうか。
明日は、トスカーナめぐりのスタート。トスカーナではないのですが、まずはここアッシジを散策してから、シエナ、サン・ジミニャーノを経由して、明日の宿フィレンツェへと向かいます。フィレンツェは今回の旅の一つの山場です。
いずれにしても車に関する不安はほぼふっきることができたと思います。ひとつ気がかりなのは明日。5月1日、メーデーで祝日であることです。ガソリンスタンドがどうなるのか、それだけが不安です。明日さえ乗り切れば車に関する不安はほとんどなくなると思います。

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。