2014年5月 イタリアの最も美しい村巡り 現地レポート No.4

現地時間:2014年4月26日

2日目は曇り、雨、時々雷。とにかくついていない厄日でした。

飛行機の手配のミスで夫婦別々にナポリ入り、前日から来ている私は、午前中にひと観光してからカポディキーノに妻を迎えに行く予定でした。

ところがこの日最初に目指した美しい村が、手前3kmのところでまさかの道路工事による通行止め。結局訪問することができませんでした。訪問するには別の東側からの道路を利用しないといけないのですが12時にはカポディキーノ空港に行かなければならなかったため断念。それでもまだ時間があったので、ナポリ郊外にある世界遺産カゼルタ宮殿へと向かうことにしました。

10:40にカゼルタの街に到着。宮殿の下には駐車場が。ここにクルマを停めて観光開始。

さあ、カゼルタ宮殿、なんとここはブルボン王朝建築、18世紀に建てられた宮殿ではヨーロッパ最大級とのこと。

とにかく広くて豪華。

中庭はベルサイユ並みに広大。中心へ向かうための有料バスがあるくらい遠い。

もちろん時間のなかった僕は宮殿の中のみの見学で精一杯。

ナポリはおそらく来年も行くつもりなのでそのときにもう一度行こうと決めて、妻を迎えに空港へ。

カゼルタからカポディキーノは30分弱。

無事妻と合流、空港で軽く食事をしてから向かったのはポンペイ遺跡。ところが到着するや否や豪雨。ときに雷という最悪な天気。30分ほど待機するも止む気配はなくなくなくポンペイをあとにしアマルフィ方面へと向かいました。

道中は雨の中の山路でしたがさほど苦労することなく運転ができました。雨足はだいぶ収まってきたとはいえそれでも霧が酷い状態。

アマルフィへ向かう途中にあった訪問予定の美しい村2箇所は降りることができず通過するのみ。

もう今日の観光は諦めて明日にかけよう、ということで宿泊予定のアマルフィのホテルへ。

市内の渋滞は相変わらずでしたが無事にホテルに到着。昔ならかなりパニックになるような混み具合。本当に慣れてきたんだなあと感心しつつホテルへ。

このときでもまだ雨が降っていたので二人とも昼寝をすることにしましたしました。

19時頃目が覚めると雨はやんでいました。軽い市内観光そして夕食をしに市内中心部へ。

夕暮れのアマルフィを眺めそしてレストランで夕食。

ゆっくりと食事したのはこの旅はじめて。

明日の天気を期待して今夜はゆっくりと眠りたいと思います。

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。