Bruniquel(ブリュニケル)- フランスで最も美しい村巡り2013 No.23 -★★★★☆

Bruniquel 20130513-_MG_0007

Bruniquel 20130513-_MG_9968

訪問日時:2013年5月13日午後2時頃

それにしてもこのミディピレネー地方には本当に美しい村が集中しています。

ローゼルトから1時間弱で到着した今回ご紹介のブリュニケル、そしてこの後訪れるピュイセルシー、カステルノー・ド・モンミラルは、いずれも同じ街道、タルン・エ・ガロンヌ県のD964に沿って点在しています。

それぞれの距離もクルマで15分から20分ほど。もちろんクルマが必要ですがまとめて効率よく訪問するには最適なフランスの美しい村だと思います。

さて、村の入口に程よく駐車できるスペースを発見、そちらに無事クルマをとめてから観光開始。

Bruniquel 20130513-_MG_9871

どうやらここには中世の城址があるようなのでゆっくりと歩きながら高台の城を目指します。

Bruniquel 20130513-_MG_9865

Bruniquel 20130513-_MG_9886

村の内部ですが、保存状態はとてもいいと思います。でもそれが行き過ぎていなくて程よいところが、より中世を感じさてくれて素敵な雰囲気を演出していると思います。

Bruniquel 20130513-_MG_9892

Bruniquel 20130513-_MG_9896

そんな非常に歴史を感じさせる町の小路をくぐり抜け、お城へとやってきました。

Bruniquel 20130513-_MG_9902

内部は有料でした。入り口でお金を支払い英語のガイド(といっても簡単なチラシ)を受け取ってから城内散策開始。

外から見た感じでは結構荒廃が進んでいたのでたいして期待していなかったのですが、いざ散策を開始するとこれが結構見どころがあってとても楽しい。

Bruniquel 20130513-_MG_9922

Bruniquel 20130513-_MG_9930

Bruniquel 20130513-_MG_9968

Bruniquel 20130513-_MG_9936

いわゆるヨーロッパの古城でよく見かけるような展示の部屋はもちろんのこと、

Bruniquel 20130513-_MG_9941

Bruniquel 20130513-_MG_9943

中世のお城なのかなとおもいきや、このような先史時代の遺跡らしきものを展示している部屋もありました。

Bruniquel 20130513-_MG_9908

ここはルネサンス期に作られた回廊のようです。

Bruniquel 20130513-_MG_9954

そして、なにやらこのような写真が飾れれている間が。どうもとある映画のロケでこのブリュニケル城が使われたみたいですね。

Bruniquel 20130513-_MG_9957

Bruniquel 20130513-_MG_9958

何の映画なのはかわかりませんが、とりあえず写真を撮っておくことにしました。

Bruniquel 20130513-_MG_9963

Bruniquel 20130513-_MG_9959

さて、私にしては珍しくお城でもらったチラシを保存しておりました。英語版もらったのでかろうじて読めます。

この情報をもとにざっとお城や街の解説してみます。

このブリュニケル、伝説によればメロヴィング朝時代の女王様によって建設された街だそうで、9世紀に終わりからは、もうこのblogではすっかりお馴染みトゥールーズ伯爵の支配を受けるようになりました。

そして、少し時代が進みまして13世紀、この時代のこのあたりの地といえばやはりカタリ派討伐(アルビジョア十字軍)と関連深いわけですが、どうやらその時には戦災を免れたみたいです。

その後の出来事は15世紀でしょうか。ちょうど時代は宗教改革の頃ですが、どうやらブリュニケル、こちらの影響は受けたようです。でも破壊されたとかではなく新しい城ができたんだとか。

そう、実はここには2つのお城があるんです、といっても隣接してるので、新しい城というとちょっとオーバーな感じはしますけどね。

その新しいお城は旧派のカトリックと新派のプロテスタントとの対立から築かれたとのことです。

確かにchateau vieux(old castle、古城)という案内看板ありました。

Bruniquel 20130513-_MG_9932

新しい方のお城のほうは、最初に入った建物、つまり入り口側でして、ここに受付があるのですが、こちらは新興勢力のプロテスタント側が建てたところなんだそうです。

結局、この争いはプロテスタント側が勝利し、それからはプロテスタント派がこの城を支配するようになりました。

その後はというと、絶対王政時代、ブルボン朝による支配時代ですね。この頃までにはさらに強固な要塞へと変化していったものの、時代とともにその重要性は薄れていき、フランス革命以後は、単なる領主のおうちとなっていったようです。邪魔な城壁を取り壊して、麓を流れるアヴェロン川を見渡せるテラスやギャラリーをつくったのだとか。

なるほど、こうした素晴らしい景色が気軽に眺められるようになったのはこの頃なんですね。

Bruniquel 20130513-_MG_9952

Bruniquel 20130513-_MG_9965

そして現代になって1987年のこと、このブリュニケル城の歴史的価値があらためて再認識され、タルン・エ・ガロンヌ県からの援助を受け本格的な修復作業を行うことおが決定、現在でも修復作業は続いる。

チラシには大体こんなことが書かれていました。

最初入ったときは廃墟っっぽくてあまり期待していませんでしたが、思った以上に見どころがあったし、景色も良かったので楽しかったです。

そして到着した頃は、曇りがちだった天気も気がつくと快晴に変わっていました。

Bruniquel 20130513-_MG_9992

快晴の中、撮影をしながら再び車に戻ります。

Bruniquel 20130513-_MG_9990

Bruniquel 20130513-_MG_0002

最後は村の外側から写真撮影大会。

Bruniquel 20130513-_MG_0006

Bruniquel 20130513-_MG_0012

うん素晴らしい天気!次の村も期待できそうです。

公式サイト:Bruniquel


フランスの最も美しい村 詳細情報

Google Mapsで表示
地域圏
ミディ=ピレネー(Midi-Pyrénées)タルヌ=エ=ガロンヌ(Tarn-et-Garonne)

項目評価
総合的な美しさ★★★★☆
外から観た村の景色★★★★☆
村から観た外の景色★★★★★
村の景色★★★★★
見どころの多さ★★★★★
洗練度★★★★☆
運転の難易度★★★☆☆
滞在時間目安80分

近隣の美しい村 ※近くにある場合表示されます

村名(フランス語)村名(日本語)総合的な美しさ距離移動時間※目安
Puycelsiピュイセルシー★★★★☆11.8km15分
Castelnau-de-Montmiralカステルノー・ド・モンミラル★★★☆☆22.7km24分
Monestiesモネスティエ★★☆☆☆48.5km59分
Najacナジャック★★★☆☆51.8km53分
Saint-Cirq-Lapopieサン・シルク・ラポピー★★★★★62.4km69分

公式サイトBruniquel近隣のホテル

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。