Monpazier(モンパズィエ)- フランスで最も美しい村巡り2013 No.17 -★★★★★

Monpazier 20130512-_MG_9338

Monpazier 20130512-_MG_9318

訪問日時:2013年5月12日午後3時頃

ドルドーニュ地方の美しい村の多くは、イングランドとの関わりが深い地域です。

というのは、1154年に、アキテーヌ女公エリアノールがやがてイングランド王となるヘンリー2世と結婚した時、その時のこの地がそのままごそっとイングランドの支配下に入りました。そのアキテーヌという言葉は現在でも使われております。いまいるドルドーニュ県は、アキテーヌ地域圏に属しています。そのアキテーヌの中心都市といえばかのボルドー。

(ちなみにどうでもよいですが、私つい最近までドルドーニュ県はミディピレネー地域圏に属していると勘違いしておりました。)

直前の村ベルヴェスからここまでは道1本で15分〜20分程度。やや小さめですが村の入口にあった駐車場に無事クルマを停めて入り口の門を目指しました。

Monpazier 20130512-_MG_9379

このMonpazier(モンパズィエ)もドルドーニュに位置する村で、そのイングランド支配下にあった1284年にイングランド王エドワード1世によって建築された村。このエリアには数多くのエドワード一世により建築された村があるそうです。

門をくぐり村の中央広場へと向かいます。

Monpazier 20130512-_MG_9292

Monpazier 20130512-_MG_9318

このアーチをくぐると中央広場に到着します。

Monpazier 20130512-_MG_9323

そしてここが中央広場。

Monpazier 20130512-_MG_9326

Monpazier 20130512-_MG_9364

いわゆる「バスティード」と呼ばれる集落形態は南西フランスで多く見られる形態、この村もそんなバスティード形態の村のひとつ。

Monpazier 20130512-_MG_9337

Monpazier 20130512-_MG_9338

Monpazier 20130512-_MG_9343

バスティード形態の村はこれまでに数多く見て参りましたが、ここはその中でも特に美しいなあと思いました。とても感激しました。

こちらに掲載されている写真、モンパズィエではないでしょうか?

教会も見学。

Monpazier 20130512-_MG_9369

Monpazier 20130512-_MG_9371

ところでこちらの村、他の美しい村と比べると、お店、レストランが多いなあと思いました。観光しやすくてとってもよいです。

Monpazier 20130512-_MG_9374

Monpazier 20130512-_MG_9377

Monpazier 20130512-_MG_9376

Monpazier 20130512-_MG_9289

美しさも観光のしやすさもトップクラスの美しい村といえるでしょう。あわせて典型的なバスティード。このエリアを訪れるときには必ずお薦めする村になりました。

公式サイト:Monpazier


フランスの最も美しい村 詳細情報

Google Mapsで表示
地域圏

項目評価
総合的な美しさ★★★★★
外から観た村の景色★★★☆☆
村から観た外の景色★★★★☆
村の景色★★★★★
見どころの多さ★★★★☆
洗練度★★★★★
運転の難易度★★★☆☆
滞在時間目安70分

近隣の美しい村 ※近くにある場合表示されます

村名(フランス語)村名(日本語)総合的な美しさ距離移動時間※目安

公式サイト近隣のホテル

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。