本土編No.8 世界遺産:オリンピアの考古遺跡その2 -2012 Greece No.24

Olympia 20121012-IMG_5180

Olympia 20121012-IMG_5184

ギリシャに来てよかったなあと思うのは、遺跡と博物館が比較的近く、遺跡とセットで博物館を楽しむことができるということ。

先に博物館にいって知識をつけてもよし、遺跡のあとに博物館に行って遺跡に対する妄想力を高めてもよし。

どちらにそれぞれの良さがありますね。

オリンピアの考古遺跡についても当然ながらこの魅力は健在。しかも遺跡の規模と質、隣接の博物館の展示品の迫力はギリシャ内でも随一といえるでしょう。

オリンピアの博物館は遺跡から1、2分ほど離れたところにあります。

Olympia 20121012-IMG_5230

Olympia 20121012-IMG_5229

非常に綺麗な現代的な建物。建物自体はそれほど大きくはないのですが、展示品の数と質はずば抜けていました。

入口正面にあるのがこちらの広間で当博物館の最大の見所。両サイドにうつくしい大理石の彫刻がずらりとならんでいます。

Olympia_panorama1 20121012

Olympia_panorama2 20121012

お気づきかと思いますが、中央が一番高くほぼ左右対称に両サイドにかけて斜めに下がっており、屋根のような形成をしている。

「ゼウス神殿のふたつの破風」というそうです。

先ほど見てきた遺跡のなかでも最大の規模を誇っていたあのゼウし神殿に飾られていたものなのですね。この類まれなる芸術品、現在の価値にするといくらににあるのか、想像しただけでも恐ろしいです。

ギリシャ彫刻は、大英博物館、ルーブル博物館などで多く見かけることはできるのですが、現地でしかも遺跡の側にある博物館で見たものと比べると、なんといいますか臨場感、迫力が全然違うと思いました。

Olympia 20121012-IMG_5206

Olympia 20121012-IMG_5207

Olympia 20121012-IMG_5210

Olympia 20121012-IMG_5214

これまで数多くのギリシャ彫刻を見てきましたが、ここで見たものが一番感動したかもしれません。

Olympia 20121012-IMG_5220

Olympia 20121012-IMG_5227

博物館を堪能し、オリンピア観光はこれでおしまい。ペロポネソス半島は見どころ満載ですが、時間も限られるので、一気に東の端ミケーネ・コリントス方面を目指します。ふたたびロングドライブです。(続く)

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。