本土編No.7 世界遺産:オリンピアの考古遺跡その1 -2012 Greece No.23

Olympia 20121012-IMG_5126

Olympia 20121012-IMG_5113

Olympia 20121012-IMG_5180

さてギリシャ滞在最終日。前日のロングドライブを終えてここオリンピアで一泊、朝一番でオリンピアの考古遺跡へと向かいました。

遺跡はオリンピアの街から歩いて5分くらいのところにあります。そもそもオリンピアの街自体とても小さいのですが。

入り口で入場券を購入、いざ遺跡へ。

Olympia 20121012-IMG_5037

Olympia 20121012-IMG_5038

オリンピアといえば、そうオリンピック発祥の地としてあまりにも有名です。もちろん紀元前のお話、遺跡ではあるのですが、現在でもオリンピックの聖火の添加はこの地で行われます。

遺跡の規模から、当時いかに文明が発展していたのかを容易に想像することが出きます。

Olympia 20121012-IMG_5045

Olympia 20121012-IMG_5056

このような遺跡のレビューもところどころにありますので、英語がわかればガイドいらずです。

Olympia 20121012-IMG_5073

Olympia 20121012-IMG_5070

Olympia 20121012-IMG_5081

ここがヘラ神殿、ここで聖火の点火が行われるそうです。

Olympia 20121012-IMG_5049

Olympia 20121012-IMG_5077

ヘラ神殿の先には競技場があります。この門をくぐると、

Olympia 20121012-IMG_5091

Olympia 20121012-IMG_5123

競技場が目の前に現れます。

Olympia 20121012-IMG_5113

結構広いです。

この日は絶好の運動日和って感じでしたね。

再びゲートをくぐり

Olympia 20121012-IMG_5100

次にやってきたのは、ゼウス神殿跡。大きい!

Olympia 20121012-IMG_5133

このプレートを見てわかるとおり、相当の規模だったみたいですね。さすがギリシャ神話最高の神だけあります。

Olympia 20121012-IMG_5145

あたりに散乱する柱などみても、その迫力に驚かされます。

Olympia 20121012-IMG_5152

Olympia 20121012-IMG_5155

ギリシャの遺跡はローマにはない雰囲気と迫力があるなあとこの旅をしながらつくづく感じております。

神殿の南側には、評議会場、選手の宿泊所跡などがあります。

Olympia 20121012-IMG_5165

ここはギムナシオン、体育練習場とのこと。出入り口に一番近いところです。

Olympia 20121012-IMG_5176

ひと通り遺跡を見た後は、博物館の方へ。(長くなりましたのでNo.2に続く)

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。