「アニメで読む世界史」:久しぶりに”紙の”本など買ってみました

アニメで読む世界史
アニメで読む世界史

最近はiPhoneやiPadの影響もあってすっかりご無沙汰の本、いやいや正確には”紙の”本を久しぶりにAmazonにて購入してみました。

タイトル、興味惹かれますよね。

この本を書いた動機がとっても素晴らしい! 僭越ながら本文の一部から抜粋しますと、

アニメから世界史がわかって、受験を控えている人は読めば大学入試が通るし、サラリーマンの方には、同僚との会話のネタができる。「そんな本があったら、最高やね。」

そして、

まとまった知識もいいでしょうが、毎日の会話でちょっと使えそうなネタ帖、それでいて教科書では得られないような、世界史のまっとうな最新知識も得られるような本、それがこの本です。

本日手元に届いたのでざっと1章を読んでみたのですが、結構ボリュームあります。非常に勉強になりますし予想以上に難しいです。

自分はまだ世界史選択だったのでいいのですが、そうでない人には相当読み応えのある内容ではないかと思います。

正直同僚との会話のネタにしては高尚すぎる気もしますね(笑)

少しずつ暇な時に読んで楽しみたいと思います。

それにしても、ちょっとだけ、いやだいぶかな?「フランダースの犬」の見方が変わったかも…。

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。