No.7 Graz und Salzburg: 2008 Czech,Austria and Germany

2008/5/1
本日は早めの日記。
宿泊地ザルツブルクに早めに入り、軽く市内観光。そのためだ。
今朝はグラーツにいた。ここから200km以上離れた街。
昨日も夜の12時を回ってからの就寝。このところずっと長距離移動が続いていたので、とても疲れているのであるがなかなかゆっくりできない。
今朝のグラーツは曇り。しかし少しではあるが青空は見える。
中央駅から旧市街までは1kmほどだが車で旧市街へと向かった。旧市街の入口にちょうど良く地下駐車場を発見。
がしかし。
確かに旧市街だけど、??といった感じ。普通のヨーロッパの街だ。あまり魅力を感じない。道路は普通に舗装されていて石畳でもないし。
時計塔のある高台へと登ってみる。何も迷うことなくリフトへと向かう。もちろん有料。60ユーロセント。


確かに眺めはいい。が、それだけだ。
これから向かう北西の方角は曇り。でもかえってあまり観光しない日、休息日にすると思いっきり決断できた。
とはいえ200km以上の道を進まなければならない。
昨日、ザルツカンマーグートから来た道をそのまま引き返す。途中、バードアルスゼーを今度は直接バードイシュル方向へと車を走らせる。145号線。昨日グムンゼンから来た道も同じ道。
バードアルスゼーについて、少々休憩。30〜40分ほど車の中で昼寝。この時点で12時30分くらい。
その後バード・イシュルを西へザルツブルクへと向かう。320号線。途中ヴォルフガング湖畔を眺めつつドライブ。ザンクト・ヴォルフガングを対岸に眺めながら。
ザルツブルクに到着したのは14時ころ。ホテルはミラベル宮殿のそば、中央駅の前の通りを進みしばらくしたところで右折すればすぐに着くはず。中央駅の前の道にはすぐたどり着いた。がここをダイレクトに左折できない。左側がミラベル宮殿。駅のあたりを適当にUターン。結局、この程度でついたのだから、この旅で最も順調なチェックインだったといえる。
荷物を置いて、旧市街へ。昔来たことがあるので、軽めに。写真だけ取りにお城とメンヒスベルクのエレベータで登る高台へと向かう。


お城の街とは反対側の郊外のエリアには、ミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」のロケで使われたトラップ大佐のお屋敷がある。お城からよく見える。明日、友人と立ち寄る予定だ。

17時頃にホテルに戻る。そして日記を書く。これから少し横になって、再び食事をしに夜の街に向かいたい。
そういえば、
いろいろな意味で心配していたメーデーは特に問題とならなかった。ガソリンスタンドは見る限りほぼ営業していた。といっても昨日、グラーツ直前で満タンにしたのでガソリンは入れていないが。また、今日もそんなに走っていないので、ガソリンが十分入ったままである。

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。