No.10 Toledo, Madrid and Segovia: 2008 Spain and Portugal

20081101
とりあえず無事に空港へ戻りレンタカーを返却することができた。今回も特段トラブルもなく順調な車旅行となった。とくにスペインは予想以上に道案内が親切であったため、ほとんど道に迷うことがなかったと思う。
さて、本日は午前中はトレド市内を観光。僕は昨日夜観光しているのでこれで2回目、いや正確には2004年に一度訪れているので3回目?、大きな街ではないし、昨日下見もしておいたのでだいぶ道は覚えたかな。


トレド観光を終えて、マドリードへと向かう。60kmくらいしかないのであっという間につく感じ。しかも、高速から市内へ入るとほぼ一本道でアトーチャ駅にたどりついてしまう。ここに駐車しておく。

とりあえず美術館観光。まずは「ゲルニカ」で有名なソフィア王妃美術館。つづけてティッセン・ボルネミッサ美術館。実はこのティッセン・ボルネミッサは、最もマドリードの中で好きな美術館。ソフィアとかプラドに比べるとやや有名ではないが、コレクションがとっても素晴らしい。シスレーのよさに目覚めたのもオルセーよりこっち。
さすがに一日3個の美術館鑑賞は大変なのと、両親もそれほどみたいわけでもなかったようなのでプラドはやめておく。ちなみに自分はプラドは4年前、滞在中2回も訪れている。しかも必ず朝一番に行ったので体力十分、たっぷり観賞した経験あり。とはいってもやっぱりもう一度見たかったかも。しかし、すでにエントランスに長蛇の列だったからいずれにしても無理だったかも。
両親がブランド街で買い物をしたいといってたけどタイミング悪くシエスタ。どこもお店がやっていない。中途半端に時間が残ったので、ここは車パワーを生かして、郊外へ観光へ。僕は初日に行ったけれど、彼らは行っていないセゴビアへ行くことに。
ここは一回行っているのでまったく迷わずに1時間くらいで到着。
といってもそれほど観光に時間が取れないので、街の周りをぐるりとドライブ。アルカサルを再び撮影。今回は逆光が強くないからお城がよく写ってる。少々天気がよくないけれど。

そして最後に車を返しに空港へ。マドリードの高速道路・環状線での空港の案内がとっても不親切でちょっとてんぱったけれど、予定通り夕方6時には車を返すことができた。場所はバラハス空港第1ターミナル到着口。そこから空港近くのホテルへタクシーへ移動。ちょっと運転手さんが道を間違えたけれど無事に到着。
ということで、本日がスペイン最終日、明日は日本へと戻る。ああ、終わっちゃった。でも今回も全くトラブルなく無事に全日程を終えられてよかったよかった。

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。