No.2 Durham and Edinburgh: 2009 England

現在地情報


今日の午前中はエディンバラ観光。もちろんメインのお城へ向かいます。町並みが素敵だ。

ホテルからお城まではゆっくり歩いても10分くらい。そんなに大きな町でもないからね。

お城には朝9時に到着、開くのは9時30分なので少し待ちましたが、早く来て正解、時間が近づくにつれてたくさんの人がやってきました。

時間がやってくると、城壁に人が現れてバグパイプを演奏し始めます。結構大きな音が出るんですね、この楽器。

お城の中はどちらかといえば小さな街に近い雰囲気。まるでテーマパークの世界。まさに中世ヨーロッパの雰囲気そのもの。

エディンバラ城はスコットランド最大のお城だそうです。守りも強固な感じだ。

エディンバラ城観光を終えて少し市内を歩いてから、車を借りにいきました。ちょっとユーロップカーのオフィスが市内から離れているのでタクシーで移動。もう自分自身海外でレンタカー借りるのは慣れていますが、今回はオフィスの人がとっても手際が良かったので今までの中でもっともスムーズに手続き完了。

でも、出てきた車が??って車。車種がわからない、メーカーわからない。どうも父親いわくGMのではないかと。なんとなく不安ですが、とりあえずは問題なく走れます。(車の話題は後日でも)

車をゲットして最初に言ったのは、エディンバラ郊外、車で20分ほどのロスリンという町。なんでもこの街の教会が映画「ダ・ヴィンチ・コード」の最後のシーンで使用されたとか。

改修中、内部撮影NGではありましたが、小規模ではあるもののとっても赴きある神秘的な教会でした。ちょっと入場料高い気もしましたが、おみやげやさんが充実していて面白かったです。

それからは長距離移動、といってもここから130マイル離れたダラムという街へ。3時間ちょっとで到着、ルート検索どおり。16時くらいに現地につきました。ホテルも問題なく発見することができ無事チェックイン。

本当はあと2時間くらい遅い時間に着く予定でしたが、せっかく早く着いたので市内観光に。

ここダラム、1000年以上前に築かれた大聖堂とお城の街で世界遺産にも登録されているイギリスでも有名な古都だそうでして、この大聖堂があの「ハリーポッター」シリーズの映画のロケ地にも使われたようです。

それでもわくわくしますが、そんな知識なくてもまあその見事なこと、、。

大聖堂内は撮影禁止でした。

お城は大聖堂に隣接していました。時間が終わっていたため、残念ながら外側から見ることができませんでした。

さてさて明日も大移動、さらに一気に南下してコッツウォルズを目指します。

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。