No.6 Kotor and Split: 2009 Central EURO

No.6 Kotor and Split: 2009 Central EURO

Split, Croatia

現在地情報



大きな地図で見る

Split を Google Earth で確認する

2009年4月28日

本日よりレンタカーの旅が始まります。
今日は朝少しドゥブログニクの街を散歩しようかと思い、レンタカー予約の時間を10時にしておいたのですが、あいにくの土砂降りの雨。観光できる状態ではないので、ホテルでゆっくり過ごしました。

ホテルよりレンタカーをピックアップ。手続きはとても順調。久しぶりのマニュアル車も問題なく運転できました。

ちょっと市内をさまよいながらも本日最初の目的地、モンテネグロの[W:コトル]を目指します。もちろん初モンテネグロ、国境は無事通過できるのでしょうか。

おっと、車載カメラも無事取り付け完了。

いろいろ事情があって、ホテル駐車場で装着できなかったため、いったん外のほどよい駐車スペースにて取り付け作業。一回日本でテストしておいて大正解!前日東急ハンズでねじやボルトを買い込んでたためそれらが大活躍。少々ぐらぐらしていますが、問題なく撮影できるようになりました。これ、ほんとすばらしいです。

さてさて、車載カメラ装着も無事済ませて、早速目的地を目指します。このモンテネグロへと向かう途中の道から、ドゥブログニクの全景を見ることができます。やっぱりこの街は素敵だ!

ちょうど車で出発したとき、雨がやんでたんです。これはとてもラッキー。

ということで、再びドライブ。1時間もかからなかったと思いますがモンテネグロ国境へ到着。まずはクロアチア側の出国チェック、パスポートを提示するだけ、そしてモンテネグロの入国チェック。

陸路での入国でスタンプを押してもらったのは初めてです。車のマークなんですね。

さあ、モンテネグロ、一路世界遺産の街コトルへとGo。これが意外に遠かった。モンテネグロのクロアチアサイドにある小さな湾、これがそんなに小さくなくてここをほぼ4分の3週くらいぐるっと回らないとコトルにつかない。道もそんなに良くないし、曲がりくねっているので、予想以上に時間がかかったかなあと。

ともかく無事に到着、そしてこれまた運が良いことにまた雨がいったんやんでいました。今日は本当についている。

ご覧の通り、コトルはとってもすてきな街でした。ここを訪れるためだけにコトルを訪れたのですが、その価値は十分ありました。

さて、観光を終えてからは再びクロアチアへ。今日もうひとつ予定していたモスタルはあきらめました。サラエヴォからバスでクロアチアへ向かうときいったん通過したんですけどね。ボスニアはサラエヴォしか結局観光できませんでした。残念。

さて、ここからも長かった…。もう一度モンテネグロ国境を通過してクロアチアへ。途中ふたたびドゥブログニクを通りましたが、このときは大雨。でも、動画はばっちり写してあります。道路からは街は見えないかもしれませんけど。

そして、そこから1時間くらいでしょうか、1日前に通った「ネウム」へと到着。

なんと、パスポート提示一切なしで通過。ちょっと意外でした。そして出国時もなにもなし。まあ、たった数10kmですからねえ。

ということで、短いボスニア・ヘルツェゴビナ滞在を終え、ふたたびクロアチア。とにかく本日の宿スプリットまで走り続けます。

(後日ここにいろんな動画が入る予定)

ここも長かった。結局、スプリットに入れたのは午後7時30分、夕闇、そして夜となってしまった街をがんばって車でさまよい、どうにかして宿を見つけました。8時は回ってたかな。

駐車スペースが見あたらずとりあえずディオクレティアヌス宮殿前の公共駐車場へとめます。

ついでなので、旧市街を撮影してからホテルへと向かいました。

ホテルチェックインは9時を過ぎていました。そういえばモンテネグロからノンストップ休憩なし、のまず食わず、おなかがすきました。

ホテルのレストランで夕食、部屋に戻ってきたのは11時前。
久しぶりのハードな日程でしたが、当然ながら大変充実した思い出に残る一日でした。

ただ、もう少し晴れてほしかったかな…。

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。