ミリィ・ラ・フォレにあるジャン・コクトーの家、2017年9月スイス・フランス旅行記 No.24

maison_jean_cocteau_top.jpeg

訪問日時:2017年9月27日、午後2時頃

パリ・モンパルナスでレンタカーを返す直前に訪れたのがこちら。

ジャン・コクトーが晩年を過ごした家

パリの南、1時間位のところでしょうか、ミリィ・ラ・フォレという街にあるジャン・コクトーの家(Maison Jean Cocteau)を訪れました。ここはジャン・コクトーは人生の最後の17年間を過ごした家です。ジャン・コクトーは1889年パリ西部メゾン=ラフィット生まれ。詩人、小説家、劇作家、評論家として著名であるだけでなく、画家、映画監督、脚本家としての活動も行っていた非常に多彩な人物でした。

ジャン・コクトーは1963年になくなりますが、その後はエドゥアール・デルミ(Edouard Dermit)という人が、丁寧に保存・維持し続け、後に改修し一般公開化、現在ではコクトー作品を含む約500展もの作品と、コクトーが実際に使っていた書斎や寝室などを見ることができます。

maison_jean_cocteau

maison_jean_cocteau 2

公式サイト:http://maisoncocteau.net

ミリィ・ラ・フォレ、街自体もとても素敵でした。

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6981-yuukoma

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6978-yuukoma

Maison_Jean_Cocteau_IMG_8228

Maison_Jean_Cocteau_IMG_8229

パリ・モンマルトルでクルマを返さなければ行けなかったのでゆっくりできませんでしたが、あらためて散策してみたいと思いました。ジャン・コクトーの家も素晴らしかったのできっと再訪すると思います。

内部へ、意外な門番現る

こちら、訪問時間とても限定されているので要注意です。3月から10月までは14時から19時まで、11月と12月は14時から18時まで。1月と2月は閉館しています。私は午後2時頃に到着。ちょうどタイミングはよかったです。

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6909-yuukoma

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6913-yuukoma

ここで入場料を払って中へ入ります。入場料は当時の値段を忘れてしましたが、現在は7.5ユーロです。10人以上ならグループ予約もできるようですが、公式サイト(http://www.maisoncocteau.net/informations-pratiques)
からはメール予約できなさそうなので、電話になると思います。多分フランス語しか通じないでしょう。

まずは庭を見ながら実際に彼が過ごしたという建物へと移動します。

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6915-yuukoma

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6916-yuukoma

ところが…、ご覧のように大きくてとてもかわいいわんちゃんが行く手を阻んでいて、中にはいれませんでした。

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6918-yuukoma

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6919-yuukoma

しっぽがあたってドアがちゃんと開かない!でも起こしたら可哀想なので、どうにかして開くことができた入口ドアの隙間から建物に入ることができました。

まず中へ入ると、舞台装飾の間(Espaces scénographies)、書斎、寝室の展示があります。それぞれ実際に使われていたもの。ジャン・コクトーは舞台芸術にも数多く関わっていたことでも有名ですね。

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6920-yuukoma

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6932-yuukoma

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6933-yuukoma

それ以外にも彼の写真、そしてポスターやイラストなど多くの展示がありました。

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6922-yuukoma

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6926-yuukoma

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6929-yuukoma

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6930-yuukoma 上の階では、コクトーの絵画、スケッチ、携わった舞台の脚本やポスターなどが展示されていました。舞台の脚本にかかるイラストやポスターは見ごたえがありました。 Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6943-yuukoma

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6948-yuukoma Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6949-yuukoma

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6950-yuukoma

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6953-yuukoma

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6956-yuukoma

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6971-yuukoma

展示数は限られてはいましたが、ファン必見です。

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6969-yuukoma

コクトー以外の作品の展示もあったかな?

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6964-yuukoma

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6965-yuukoma

これブランシュの絵だったかな??

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6962-yuukoma

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6966-yuukoma

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6968-yuukoma

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6972-yuukoma

これにて建物内の鑑賞は終了。 最初に入ってきたドアから再び外へと出ます。まだ寝てますよ…。ちょっとどいてくれたけど。

Maison_Jean_Cocteau_27092017-_MG_6975-yuukoma

最後は再びお庭を鑑賞して訪問は終了。このときは僕以外には訪問客はいなかったので、とても静かにゆっくりと過ごすことができました。

実はジャン・コクトーの大ファンです

ところで、私、ジャン・コクトーの大ファン。それほどまでにコクトーについて詳しいというわけではないのですが、マントンの市庁舎の婚礼の間でわざわざ結婚式を上げたほどです。この婚礼の間、鑑賞は無料ですが、通常は撮影禁止の場所ですが、ここでの写真を自由に取れるのは挙式を上げた人の特権でした。

同じくマントンにあるコクトー美術館内も通常はNGですが、挙式者、その関係者は写真撮影ができます。

IMG_0067

IMG_0066

このときも10日ほどの旅行を行っているのですが、一部このブログにて記録が残っているものの完全にシリーズ化していません。

ちょっとプライベート過ぎて書きづらかったがため執筆を保留したのですが、このときも多くのコクトー関連施設を訪れましたが、そのときに一番よかったのがフレジュスという街にある「Chapelle Cocteau ou Notre-Dame-de-Jérusalem」でした。

実は私のMacBook Proのデスクトップ画像にも採用しています。

20140718-_MG_6442

20140718-_MG_6401

20140718-_MG_6415

20140718-_MG_6457

ただ街の郊外にあるので訪れづらかったです。駐車場もなく、チャペル入り口に適当に路上駐車。しかもそこから5分ほど歩く必要がありました。

コクトー最高。

街散策も含めおよそ1時間30分ほどの滞在。このあとパリに戻り約3週間近くお世話になったクルマを返しにいきました。残りは2日間パリ滞在。そして帰国です。パリ編があと少し続きます。

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。