ブラックホール

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090409_ipmu_blackhole/

1週間ほど前だったかな、google readerに何気なく登録してあったらしいニュースサイトでこのような記事を発見。まさかこんなところでストリング理論のお話が出てくるとは正直驚きました。

この手の話題からは長らく遠ざかっていたのですが、これまた偶然数週間前に数理科学という雑誌の特集「現代数学はいかに使われているか [幾何学編]」というのを読んで、久しぶりにストリングの話に再び興味をちょっともつようになった矢先のニュースだけにものすごくその内容にひかれてしまいました。

そもそもどうしてこうしたニュースが流れてきたかというと、どうやら東大がこんなプレスリリースをしたからみたいです。

http://www.ipmu.jp/pdf/Ooguri_jp_20090408.pdf

正直、ストリング理論を勉強・研究した人でないとなんのことだかさっぱりな解説かもしれませんが、それでも、この分野でこうしたプレスリリースがでることなんて、めずらしい気がするのですが、最近は独立法人化された影響かどうかはわかりませんが、普通になりつつあるのでしょうか。

いずれにしても「よい」ことだと思います。

この論文を書いたうちの一人、大栗さんという人は、僕がもっとも尊敬する日本人物理学者です。この方は世界的に見てもものすごい才能をもった方だと思います。数10年のタームで見てもこういった方が出てくることはまれじゃないかなあ、くらいすごい人だなあと思っています。学生時代の憧れでかつ、絶対この分野じゃやっていけないな、と思わされた方です。

もっとも自分も欲張りというか夢を追いすぎていて、ストリングの真空の確信に迫る研究ができなければ面白くない=意味がない、みたいなことを思っていんですが、それをするためには、大栗さんとかの仕事をきちんと理解してそして対等に議論できるまで達しなければならないなあ、でも無理だなあと。彼らの仕事でよく用いられている(代数)幾何学についても、その当時、僕は大学院修士課程でしたが、この時期においてもあと3?4年くらいこの分野を勉強しないと理解できそうにないなと、だけど、僕がこの分野の数学の基礎をとりあえずわかるようになった頃にはもっと理論は進化している、そう思えば思うほど悲しくなったものです。

でも、彼らほどの理解がなくても、彼らが語りだす深遠な世界、その詳細まではわからないまでも、あらすじ程度であれば、それなりに当時勉強したこともあって理解することができます。

http://arxiv.org/abs/0902.3996

は、その直前の論文を読まないと、詳細な理解はできないのですが、今回行った面白い仕事の「あらすじ」についてはとても要領よくまとめあげているのではないか、なぜなら、今日、仕事中についつい読んでしまいましたが、細かい部分を除けばそんなに時間かからずに読めたからです。

そういえば今回の仕事に関係する仕事、大栗さん、ヴァファさん、ストリミンジャーさん、この手の話のスペシャリストそして歴史を作ってきた人たちが、2004年にトポロジカル弦理論とブラックホールエントロピーのつながりを示したようですが、この話に関する日本語の解説記事を大栗さん本人が書いているそうです。これはぜひ読みたい。トポロジカル弦理論の日本語の記事なんてそうないですし、なにしろその第一人者的な方が日本人でありかつ日本語で書かれているわけですからね。

ところで、大栗さんは今年からでしょうか、日本語ブログを初めているんですね。これが結構面白いです。

http://planck.exblog.jp/

物理を専門とする方でなくても楽しめるかと思います。なんかファインマンみたいになっていかれるのでしょうかねえ、そういえば今カルテクの教授ですね…。

【本日の一枚】



カートレイン@Bad Gastein, Austria, May 2008



プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。