Lichtensteig(リヒテンシュタイク)スイスの最も美しい村巡り No.25 ★★★☆☆

44910132005_8f75d965a2_k.jpg

訪問日時:2017年9月13日、午前11時頃

この日はスイスの最も美しい村巡り2日目。これから長く続く3週間旅行の3日目でした。1日目は午後に到着して空港でいつものように即車を借り、3時間程度のドライブしかしていないので、実質的な観光2日目となります。

今回ご紹介のリヒテンシュタイクはチューリッヒとザンクト・ガレンのちょうど中間に位置している村です。名前がリヒテンシュタインに似ていてややこしいですがそういえばリヒテンシュタインも近いですね笑。

村に到着したのはお昼前の11時頃。到着直後に発見した公共駐車場に停めて観光スタート。

Lichtensteig 13092017-_MG_4360-yuukoma

なお有料、このようなパーキングメーターがあり、何時間止めるかを入力してコインにてお金を払います。一見ヨーロッパではよく見かける仕組みなのですがチケットは発行されず、その代わり機械に駐車した場所の番号を入力して続いて駐車時間を入力する、というタイプ。このタイプはスイス以外ではあまり見たことがなかったです。

IMG_6932.JPG

さて、リヒテンシュタイク、この村は岩壁が突き出た場所に要塞としてとしてこの街がつくられたのは12世紀ということ。800年近くの歴史があるということです。教会、修道院などの施設のルーツは15世紀くらいからの歴史だということです。 現在の村は風情ある建物が多く見られるとはいえ、非常に現代的なお店が多く、村の規模も大きく人も多く、これまでイメージしていた田舎にしかない美しい村のイメージとは大きく異なるものでした。

Lichtensteig 13092017-_MG_4375-yuukoma

Lichtensteig 13092017-_MG_4374-yuukoma

Lichtensteig 13092017-_MG_4376-yuukoma

ちなみに訪問当時は全く気が付かなかったのですが、主に散策していた市の中心の背後には川があり、そこから村を眺めると岩壁の上に村がそびえ立っていることがよくわかる、ということを公式サイトの写真から知りました。ただ訪問時は曇りで今すぐにでも雨が降りそうな雰囲気だったので、正直サクッと散策して帰ろうという気持ちでいっぱいでした。

Lichtensteig 13092017-_MG_4378-yuukoma

Lichtensteig 13092017-_MG_4382-yuukoma

ところでこの村にある教会は大変印象的です。「聖ガルス教会(Kath. Kirche St. Gallus)」という名前です。1969年から1970年にかけてWalter M. Fördererという建築家によって設計された現代的な建築様式の教会です。

Lichtensteig 13092017-_MG_4381-yuukoma

Lichtensteig 13092017-_MG_4387-yuukoma

訪問当時は、内部には入れませんでしたが、敷地内は自由に入ることができました。

こうした特徴のある建物を見ることは好きなのですが、しかしやはりヨーロッパらしい古き街並みが見たいです。ドイツ語圏の村はこのあたりがイマイチな気もします。

スイスの最も美しい村 詳細情報

Google Mapsで表示

項目評価
総合的な美しさ★★★☆☆
外から観た村の景色★★☆☆☆
村から観た外の景色★★★☆☆
村の景色★★★☆☆
見どころの多さ★★★☆☆
洗練度★★☆☆☆
運転の難易度★★★☆☆
滞在時間目安60分

公式サイトLichtensteig 近隣のホテル

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。