Moudon(ムードン)スイスの最も美しい村巡り No.13 ★★★☆☆

44070883715_81d60cae16_k.jpg

訪問日時:2017年9月18日、午後4時頃

スイス北西部ヌーシャテル湖付近に集中する美しい村を片っ端から訪問したのは2017年9月18日のことでした。この日は終着地グリュイエールを含めると合計8箇所の村を訪れました。13回目の連載となる今回のムードン、ヌーシャテル湖沿いというよりはそれよりも少し南、スイス西部に広がるレマン湖とヌーシャテル湖のちょうど中間に位置しています。ヌーシャテル湖からもレマン湖からもそう遠くない場所でしたが、思った以上に道が曲がりくねっていました。それでも特段険しい道ではなかったです。

村は大きく2つの区画に分かれています。まずはダウンタウン、そしてアッパータウン。歴史的にはアッパータウンのほうから発展していったようです。12世紀ころに要塞として作られたのが始まりのようです。サヴォア家の支配下だったようです。前回までの2つの村「ラ・ヌーヴヴィル」と「ル・ランドロン」はどちらかというとベルンとかバーゼルといった教区と関係が深かったので、ムードンはこれらの少し雰囲気や趣がフランス風な気もします。

駐車場はダウンタウン側にいくつか、またアッパータウンの麓(裏ですか)にありました。僕は最初に目に止まったアッパータウンの麓の広い駐車場に停めました。無料でした。

まずアッパータウンを散策、といっても正直なところ普通の住宅地といった感じでした。一応歴史ある古い大きなメゾンなどがあるのですが、幾度となく回収されていることもありあまり中世のロマンを感じる雰囲気はなかったです。坂がとてもきつかったです。

Moudon 18092017-_MG_5481-yuukoma

Moudon 18092017-_MG_5478-yuukoma

Moudon 18092017-_MG_5483-yuukoma

ダウンタウン側も言い方悪いですが普通の街、という印象しか残らなかったです。お店などそこそこあるのですが、いわゆる日常生活用の店舗が多く、あまり観光地的なところは多くなかったように思います。

Moudon 18092017-_MG_5495-2-yuukoma

Moudon 18092017-_MG_5496-yuukoma

教会などの宗教施設もありましたが、特筆すべき点はありませんでした。

それでもダウンタウン側から眺めるアッパータウンの街は美しかったです。

Moudon 18092017-_MG_5490-yuukoma

概して一般的な平均的なスイスの最も美しい村だったといえるでしょう。

スイスの最も美しい村 詳細情報

Google Mapsで表示

項目評価
総合的な美しさ★★★☆☆
外から観た村の景色★★★☆☆
村から観た外の景色★★★☆☆
村の景色★★★☆☆
見どころの多さ★★★☆☆
洗練度★★★☆☆
運転の難易度★★★☆☆

公式サイトMoudon 近隣のホテル

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。