Mirwart(ミルヴァール)- ワロンの最も美しい村巡り No.29 -★★★★☆

訪問日時:2017年7月21日、午前10時頃

旅も終盤、そしてワロンの最も美しい村コンプリートまであと2箇所。2泊お世話になったミシュラン一つ星オーベルジュのあるオウルの村を出発。ブリュッセル方向へ向けて北上、の前にオウルから40分ほど東に位置するMirwart(ミルヴァール)という美しい村へ。

こちらの村は、どちらも結局中へ入ることが出来ませんでしたが、公式ガイドブックにもあるように素敵な教会とシャトーを併せ持つ村です。

blog_wallonie4.jpg

公式サイト: Les plus beaux villages de Wallonie より

村へと向かう道も美しかったです。久しぶりに森の中の1車線の道を数キロ進むという、美しい村巡りではおなじみの光景でした。やや運転に気を遣うところもありましたが、終始快適なドライブが出来たと思っています。

さて村は、そんな森を抜けて、やや高台の丘の上にありました。駐車場のようなものはなかったのですが、教会裏のスペースに場所を確保できたのでそこに駐車。

全体的にとてもよく整った村ですが、思った以上に人が住んでいる、そんな感じです。別荘なのでしょうかね、と思ったのはこの村へ入る前に森のなかに立派なキャンプ施設があったからです。こういうところでのんびりと長いヴァカンスを過ごす、というのはなかなか日本人にはできないですが、働きながらもこうした余裕を持った暮らしをいつかはしてみたいものです。

Mirwart 21072017-_MG_3802-yuukoma

村の雰囲気は、素敵な教会とシャトーの眺めは言わずもがな、比較的最近の新しめの家もなかなかのもの。ただ、やはりというか、この村を走るメイン道路の広さが本当に気になります。生活をする上では便利なのでしょうけれど…。

Mirwart 21072017-_MG_3766-yuukoma

Mirwart 21072017-_MG_3811-yuukoma

ちなみに私のつたないフランス語力で公式サイトの文章を読んでみましたが、この村のお城は中世の時代から存在していたようです。もちろんその後何度も改修されて現在の姿になったと思われます。現在は個人所蔵なのでしょうか、中を見ることは出来ませんでした。お庭を管理する庭師さんが作業されていたのが印象に残っています。こういうお城を所有する人ってどんな人なのだろう…。現在でもいるのですね貴族的な方々が。

なお、村にはレストラン併設のホテルもありました。宿泊できるようですね。ホテル自体は見た目はなかなか素敵でした。ちなみに今更なのですが、公式サイトにはそれぞれの村の宿泊情報もあります。

Mirwart 21072017-_MG_3784-yuukoma

http://www.beauxvillages.be/sejourner.htm?village=mirwart&lng=fr

観光客はヴァカンスシーズンならそこそこいる?のでしょうか。我々がいたときはそうは思えませんでしたが…。

Mirwart 21072017-_MG_3794-yuukoma

とはいえ、総合的には雰囲気も景色もいい美しい村だったと思います。訪れにくいのは相変わらずですが、訪問の価値は十分にあるでしょう。

ワロンの最も美しい村 詳細情報

Google Mapsで表示

項目評価
総合的な美しさ★★★★☆
外から観た村の景色★★★★☆
村から観た外の景色★★★★☆
村の景色★★★★☆
見どころの多さ★★★☆☆
運転の難易度★★★☆☆
滞在時間目安40分

公式サイトMirwart 近隣のホテル

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。