2017年7年 ベルギー・ワロンの旅編、イントロダクション

ロレーヌ地方にある美しい村の一つ「シャッスピエール(Chassepierre)」

 

2017年7月の海の日の週に、1週間ほど休暇を取り、ベルギー南部にあるワロン地方を旅してきました。

「2017年4月 スペイン西部とポルトガルの旅」編がまだ終わっていませんが、忘れないように次の旅行記のメモを準備しておきます。

最大の目的はワロンの最も美しい村巡り

リュクサンブール州にある美しい村の一つ「ヴェリス(Wéris)」

 

ロレーヌ地方、フランス国境に近い美しい村の一つ「トルニュイ(Torgny)」

 

ワロン地方の最も美しい村(Les Plus Beaux Villages de Wallonie)です。この協会の発足は1994年ということですから、実はフランスの最も美しい村協会に次ぐ歴史を持っているといえます。ワロン地方とはベルギーの南部に広がる地方。フランスに近いエリアであり公用語はフランス語です。フランス語が使えるので楽しみですね。

参考記事:この夏からベルギー・ワロンの最も美しい村巡りをはじめます | my lifelog yuu-koma.jp

たった1回の旅行で登録全30箇所の村を訪問することができました。当初はリエージュ付近の4つの村には訪問する予定はありませんでしたが、ワロン地方はそれほど大きくはないこと、そしてひとつひとつの村の規模がフランスやスペインの美しい村と比較して、1週間ですべてをまわることができました。

ワロンの最も美しい村、訪問リスト

村の名前(現地語)
村の名前(日本語)
州、地域名など
Aubechies
オーブシ
plateaux limoneux hennuyer
Montignies-Sur-Roc
モンティニュイ・シュル・ロック
plateaux limoneux hennuyer
Ragnies
ラニー
plateaux limoneux hennuyer
Mélin
メラン
Hesbaye
Celles
セレ
Condroz
Chardeneux
シャルドゥヌー
Condroz
Crupet
クルペ
Condroz
Falaën
ファレン
Condroz
Mozet
モゼ
Condroz
Sosoye
ソゾワ
Condroz
Thon-Samson
トン・サムソン
Condroz
Clermont-sur-Berwinne
クレモン・シュル・ベルヴィヌ
Pays de Herve
Limbourg
ランブール
Pays de Herve
Olne
オルヌ
Pays de Herve
Soiron
ソワロン
Pays de Herve
Barbençon
バルベルソン
Fagne-Famenne
Fagnolle
ファニョル
Fagne-Famenne
Lompret
ロンプレ
Fagne-Famenne
Ny
ニイ
Fagne-Famenne
Sohier
ソイエ
Fagne-Famenne
Soulme
スルム
Fagne-Famenne
Vierves-sur-Viroin
ヴィエルヴ・シュル・ヴィロワン
Fagne-Famenne
Wéris
ヴェリス
Fagne-Famenne
Gros-Fays
グロ・フェ
Ardenne
Laforêt
ラフォレ
Ardenne
Mirwart
ミルヴァール
Ardenne
Our
オウル
Ardenne
Chassepierre
シャッスピエール
Lorraine
Nobressart
ノブルサール
Lorraine
Torgny
トルニュイ
Lorraine

ワロンの最も美しい村、全体的な感想

とにかく訪問しやすい

フランスの最も美しい村とは対照的に、ワロンの最も美しい村は比較的密集したエリアに点在するため、家々の特徴、やはり石造りの家が多いのですが、明るいグレーの色彩とした石がほとんどでした。

建築様式が似ている

さらにどの村にも必ずある教会、その教会の様式は多くの村で共通していたようにも感じました。ただし、リエージュやロレーヌあたりでは少し違いが見られました。しかし、例えばワロンの村のなかで最も南に位置している、ほとんどフランス領に位置するトルニュイなどは、他のワロンの地域の家とは異なる色彩感があり、非常に印象に残りました。どちらかというとフランスの最も美しい村を訪れているかの感覚に陥りました。

村の規模は特に小さい

村の規模ですが、非常に小さいところがほとんど。フランスの最も美しい村よりも更に小さかったと思います。逆に小さすぎるがゆえ、やや見応え不足なところもありました。

道路が広いのが残念

まず村の規模が小さい割には村を走る道路の幅が広いため、村にある建物の密集度をほとんど感じなかったこと。これは結構がっかりさせられました。道が広いので普通にクルマが走るのです。

フランスやスペインと比べると歴史が浅い

もっともこうした道路が広いのは、ワロンの村がスペインやフランスの村とは異なり、その村の由来が中世からではない点が大きく影響していると考えられます。中世時代に出来た村は、防衛目的意識が強いため、城壁に囲まれていたり、バスティード形式だったりするので、いわゆる「旧市街」的な雰囲気の村となります。しかし、ワロンの村はそこまで歴史が古くはないため、あまり中世感を感じません。

建物が現代風

さらに、よく村はメンテナンスされていますが、それが逆に現代的な雰囲気を醸し出してしまうという欠点もあったかと思います。普通の住宅地、そんな印象も強かったです。フランスの最も美しい村でも、地元の人が普通に住んでいることが多いわけですが、それでも昔ながらの石造りの構造がより保たれ、いい意味で古さを感じさせてくれました。こうした体験を求めるならワロンの最も美しい村巡りは、おすすめできません。

それであっても美しい

それでも美しかった村は、そこそこあったと思います。今後、いつものように少しずつ紹介していきたいと考えています。

世界遺産を含む観光地も訪れてきました

世界遺産:ワロン地方の主要な鉱山遺跡群のひとつ「ボワ・デュ・カジエ (Bois du Cazier)」

今回訪れた世界遺産は次の3箇所。(※リスト番号はベルギーで訪れたことのある世界遺産の数)

03.トゥルネーのノートルダム大聖堂 -(2000年)
04.ワロン地方の主要な鉱山遺跡群 -(2012年)
05.ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州) ?(1998年)

うち2つは、産業革命関連の世界遺産です。最近は、中世、バロック時代の歴史的建造物よりも、近現代産業関連遺産の方により興味を持っています。

その他の訪問や食事・オーベルジュなど

出所:Instagramより

それ以外にも、本当かどうかは知りませんが、世界一小さな街として知られるデュルビュイに3泊、またミシュランガイド一つ星に選ばれたオーベルジュにも2泊。今回はベルギーのフランス語圏なので、食事もとてもよかったです。このあたりのご報告もいたします。

さて、いつ更新し終わるのやら。

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。