ドイツと飛び地巡り2015年秋 第24回(最終回):ライン渓谷ドライブ再び

最後の最後に少しだけ晴れました!

訪問日時:2015年11月2日、天気:曇り時々晴れ

最後に少しだけ観光

いよいよ長いドイツ旅行も最終日、この日の午後3時の便で帰国します。しかしまだ半日くらい観光できそう。そこで最後に選んだのは「ライン渓谷」、10月28日に一度訪れているのですが、その時は残念ながら雨。しかしこの日の天気は晴れの模様。フランクフルトからはクルマで1時間少しなので、午前中のうちにもう一度ドライブに行くことを決意。

ホテルで朝食を済ませ、すばやくチェックアウト。ラインへと向かいました。

10月28日の訪問時の投稿はこちら:https://www.yuu-koma.jp/?p=9524

なお、途中でフランクフルト国際空港の近くを通過します。

しかしフランクフルトは晴れていましたが、ライン川に近づくにつれて深い霧に。大丈夫か…。

わずかですが晴れました!

この霧はライン渓谷入り口にあるマインツまで続きましたが、マインツを過ぎると少しずつ霧が晴れてきて青空が垣間見れるようになってきました。

まずはローレライあたりまで北上。このあたりではまだ霧、曇。

しかし、そこからマインツ方向に戻るあたりから天気は回復してきました。

とはいえ12時過ぎには空港に戻りたいのであまりゆっくりもできません。オーバーヴェッセルという街にクルマを停めて少しだけ観光をした程度でした。

やっぱり晴れがいい。紅葉もより一層きれいに栄えます。

そして、再び進路を北東へ、空港を目指しました。そして、空港で到着、無事にクルマを返却することができました。フランクフルトのレンタカー返却は、駐車場はわかりやすいところにあるのですが、その駐車場から出発ロビーまでが遠くてあまり好きではありません。全体的にこの空港はどうも好きになれません…。

最後にもう一度ビールとブルストを

思った以上にクルマの返却とチェックインがスムーズだったので、結構時間がありました。ということで、最後にもう一度こちらを。

今回もいっぱい食べてそしていっぱい飲みました。

わずか10日の旅とはいえ、ドイツの一番南からほぼ北西の端まで駆け巡る壮大な旅行となりました。結果的には、ドイツだけでなくオーストリア(通過しただけ)、リヒテンシュタイン、スイス、オランダ、ベルギーの 6ヶ国を訪れていたことになります。コンスタンツでは一瞬青ざめるようなトラブルに見舞われたものの、全体を通してみればとても順調な旅路だったと思います。

昨年末より続いたこの旅行記シリーズも今回で最終回。次回は「スペイン・バスク&フレンチ・バスク」の旅が待っています。こちらの準備もまた始めていかねば。2016年もいっぱい旅をしたいです。(おわり)

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。