【2006年 欧州旅行記】 -No.14- 最終日(5月6日)

5月6日
現地時間11:24
日本時間18:24
いよいよこれから日本に帰ります。あっという間の10日間でした。
現在、ミュンヘン行きの飛行機を待っているところです。あと1時間30分ほど時間があります。
今朝は空港のそばのホテルということで、かなりゆったりとしたスケジュールでチェックアウトできましたが、それでも早く到着しすぎました。シャルル・ド・ゴール空港の第2ターミナルに車を返却しに行き、第1ターミナルへ移動、無事チェックインを済ませた、という状況です。

ミュンヘンから直ちに成田行きの国際便に乗り継ぎます。その関係で人数は少ないですが、日本人を多く見かけます。
それにしてもよくぞ無事で車を返却できたものです。昨日などパリ郊外のヴェルサイユ、サンジェルマン・アン・レー、サン・ドニなど、非常に交通量の多い市内を普通に走れるようになっているとは正直驚きです。ただ、都会のロン・ポワール(ラウンドアバウト)はめちゃくちゃ怖いです。だいぶ使い方になれたと思っていましたが、所詮は田舎モノだったわけです。
次回、フランスに行くときも車をレンタルしたいです。今度は南仏かアルザスでしょう。

さて、おみやげですが、こちらの第1ターミナルにはお店がほとんどなくこまっています。ミュンヘンで買いだめしようと思っていますが、あまり乗継までの時間が少ないので間に合うかどうか心配です。ヴァイスも飲めるかどうか探さないといけないしね。

※帰国後追記
無事、ヴァイス飲めました!
IMG_4391.JPG

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。