【2006年 EURO 2】-No.15-Paris

22:00 7月17日
今日はParis。市内を車で走ってしまいました。
まず、2年前に以前行くことができなかったポンピドゥーセンターの近代美術館、オランジェリー美術館に行きました。
ポンピドゥーは、ブラック、マティスがとてもいいです。オランジェリー、本当に質の高いコレクションだと思います。ここのマティスは特にいいです。



それから、ノートルダムにも。こちらは始めてパリに行ったときに一度見ていますが、それは8年前の話。もう一度ゆっくり見てみたいとおもっていくことにしました。
とても美しい・・・。



そして、やっぱりルーブル。どうしても行ってしまう。



ルーブルは2年前にも行きました。しかも3日連続で。確かにベタな観光地。「こいつら絶対美術館など普段興味ないじゃん」みたいな観光客だらけでも、やっぱり展示品はすばらしい。
一度行ってるだけあって、建物の構造はなんとなく覚えていました。今回は、以前疲れ果ててゆっくり見ることができなかったフランドル絵画のフロア、そしてもっとも感銘を受けたフランス絵画のフロアーを中心にみました。フランドルのフロアにはルーベンスの広間があります。
実は、2年前に見たとき、すでにアントワープやブリュッセルでルーベンスの作品をたくさん見ていたこと、そして4年前にいったミュンヘンのアルテ・ピナコテークでも多くのルーベンス作品を見たこともあって、正直ルーブルの作品はそれほど感銘を受けませんでした。
特に、アルテ・ピナコテークのルーベンスがすばらしかったです。とにかくものすごい迫力の絵が多いのです。
その後、マドリードのプラド美術館でもルーベンスを見ましたが、こちらも迫力こそミュンヘンに劣るものの、とても質の高い作品が終結していると思います。
今日、あらためてルーブルのルーベンスを見ましたが、落ち着いてみるとこちらもなかなかいいね、と思いました。
さすがルーブル、駆け足で見たつもりでも、気が付けば3時間弱時間が経過していました。
最後に、Paris市内をドライブ。走りました、シャンゼリゼ通り!


凱旋門のロン・ポワン(ロータリー)を2,3周して見ました・・・。ここは、かなり交通量が多く、恐ろしいくらい怖い、と思っていましたが、意外にそうでもありませんでした。今日は車が少なかったのかもしれません。


ただ、コンコルド広場やオペラ・ガルニエ前はとても怖かったです。
・・・、だいぶフランスでの運転に慣れてきていたと思います・・・



実は、Paris、車で立ち入る予定を立てたのは昨日の夜。本来は行く予定ではありませんでした。今夜は、パリから南東90km離れたProvinsという街に泊まります。世界遺産の街です。明日この街を観光して、その後時間があればまたParisにいき、そして夜の便でフランスを経ちます。
———————-
本日訪れた街・村
Paris
Provins(hotel)
本日の走行距離:228.4km
走行距離 Total:4287.2km
———————-

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。