【2006年 EURO 2】-No.5-Luzern

7月8日 21:00
普通に目覚めて6時。徐々に意識がはっきりとしていくにつれて聞こえてくる雨の音。これほどまでに天気をうらんだことも久しぶりです。


アイガー、メンヒ、ユングフラウの南側だったら天気もちがってるかも、そんな期待を旨に、急遽ツェルマットに向けて、6時30分にホテルを出発。まずはKandenstegという街目指しました。南側に渡るにはこの街でカートレインに乗ります。カートレインというのは、車ごと電車に乗ってアルプスの難所をらくらく越えることができるスグレモノなのです。Interlakenから40分ほどで到着。チケットの買い方は高速道路の料金所とまったく同じシステム。25CHF、決して安くはないです。
出発まで20分あったので、売店でサンドイッチとジュースを買って朝食を済ませ、いざ電車に乗り込みます。この光景は、世界の車窓からで見ていたのですが、実際見るのとでは違いますね。とても興奮してしまいました。それにしても天気が悔やまれて仕方がない。
数分後には出発。不思議な感じがするまま、すぐさま電車はトンネルに。車の中はエンジンを切っているので当然車内は暗いまま。トンネルには、自動車用の道路のトンネルとは違って街灯がないため、突然車内が真っ暗になります。
この暗闇がたまらなくいい。と思っていたら雨が降っていたせいで、車内中の窓ガラスがいっせいに曇りだしてしまいました。それと同時に蒸し暑くなってきました。というわけで仕方がなく、エンジンをかけてエアコンをつけました。
そんなことをしているうちにあっという間にトンネルを抜け、反対側の街についてしまいました。早い・・・。地図で見るともっと時間がかかるとおもっていたのですが。
しかし、肝心の天気は。変わらず・・・。
ここまできたら引き下がれないのでとりあえずツェルマットの手前の街(※)、テーシュまで行くことにしました。(※ツェルマットは、車の乗り入れが禁止されているため)
カートレインを降りてから1時間ほどして到着したのですが、やはり天気は相変わらずの雨、しかも土砂降りに近い・・。
ツェルマットにいったところでマッターホルンは見えそうもないし、なのに往復にして約2、3時間はもったいない。急遽、ルツェルンに向かうことにしました。
ルツェルンに向かうにはアルプス山脈のふもとを東に向かいフルカ峠というところで北へ向かうと到着します。地図上ではそれほど離れていないように見えますが、山道なのでカーブが多くスピードがだせないため、どのくらい時間がかかるか予想ができません。しかし、今日は雨、山を見るために来た国、雨が降ってはどうしようもありません。まだまだ今日はたっぷり時間があるので、急がずゆっくりとるルツェルンに向かうことにしました。
その途中の景色はすばらしく、晴れていればしょっちゅう車をとめて写真を撮っていたと思います。
お昼は、峠の途中の田舎のレストランで、ラクレットと呼ばれるスイス料理を食べました。
結局、ルツェルンについたのは、14時過ぎ。駅地下の駐車場に車を停めて、旧市街を観光しました。
ところで、ルツェルンには「ピカソ美術館」があります。ルツェルンといえば旧市街の「カペル橋」が有名ですが、それよりも僕は美術館に興味がありました。
ピカソ美術館には、ピカソの写真しかなかったのですが、そこから10分ほど離れた別の美術館でピカソのコレクションを見ることができました。1930年代、1950?60年代のパリやバルセロナにはない感じの絵が見ることができました。とてもよかったです。
美術館と市内観光を済ませ、駅へ戻ったとき、ネットカフェを見つけました。日本で海外ローミングサービスをきちんと調べてくるのを忘れたため、これを機にホテルでも自分のPCでネットが見られるように調べようとしました。幸いここのネットカフェでは、日本語表示が問題なかったため、ウェブメール、mixi、そして海外ローミングサービスについてもきちんと見ることができました。
後はInterlakenのホテルに戻って、ネットにつなぐだけ。
しかし、このホテルには電話がありませんでした・・・。
今は20時30分なのですが、少し夕焼けが見えます。相変わらず雲は多いのですが、雨はすでにやんでおり、うっすらと太陽も見えます。お願いだから明日こそ晴れて欲しい。
スイスには明日、あさってと滞在します。チャンスはあと2日です。
———————-
本日訪れた街・村
Luzern
Interlaken (hotel)
本日の走行距離:357.7km
走行距離 Total:1158.8km
———————-

プロフィール

都内の会社に務める傍ら、休暇を利用して旅行をしたり音楽活動をしているビジネスマン。趣味は、旅行、音楽など。旅行はヨーロッパが中心、現地でレンタカーを借りて旅することにはまっています。フランスの最も美しい村全156箇所を完全制覇!音楽はクラシックが中心。ヴァイオリンの演奏もします。最近は健康のためにランニングを開始。マラソンも。Marathon du Médoc 2014含む数回のフルマラソンを完走しています。