カテゴリー: 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」


 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-13章:オンフルールの印象派フェスティバル、の前に美味しいレストランでランチを

訪問日時:2016年7月17日、正午頃 観光、のまえに腹ごしらえを。 10年ぶりのオンフルールへ この日のオンフルールは日曜日だったこともあり人がいっぱい。当然駐車場もどこも満車状態。それでもできるだけ旧港に近い場所で駐車したいと、グイグイと街中へ向かって見たのですが、運良くとてもよいところに大規模な駐車場を見つけ、そこも確かにほぼ満車だったのですが入った直後にちょうど出る人がいたため、ここに難なく駐車することができました。すばらしい。 ちなみに、ここもパーキングチケット制、ちょうど小銭を切らし… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-12章:ドーヴィルの海岸での印象派フェスティバル「ジャック・エミーユ・ブランシュ」

フランスを代表する高級リゾート地へ ノルマンディ地域圏カルヴァドス県にあるこのドーヴィルは、別名「ノルマンディ海岸の女王」とも呼ばれるなど、高級ホテルやカジノが軒を連ねるフランスでも有数の高級リゾート地です。貧乏旅行とまでは言わないまでも、普通のサラリーマン観光客の僕がこの街を訪れた理由は、ここでも小規模ながら印象派フェスティバル関連のイベントが行われていたからです。 前泊地カーンからクルマでおよそ1時間位で到着。高速メインでしたから比較楽ではありました。ドーヴィルの中心地に入ると、そこはなんと… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-11章:カーン美術館でのフリッツ・タウロウ展

訪問日時:2016年7月16日、午後5時頃 カルヴァドス県の県庁所在地カーンへ この日最後の観光は、カーン(Caen)というノルマンディ地域圏カルヴァドス県の県庁所在地となっている街にある美術館。この日はこの街に1泊します。 この街へやってきたのは初めて。今回の目的はカーン城の敷地内にあるカーン美術館(Musée des beaux-arts de Caen)で開催されている、ノルマンディ印象派フェスティバル関連のイベント「フリッツ・タウロウ回顧展」(FRITS THAUROW PAYSAGIS… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-10章:バイユーのタペストリー

訪問日時:2016年7月16日、午後3時頃 こういうときにこそ世界史選択の知識が発揮されるのです。ヨーロッパ旅行の面白さはここにあり。 英仏の因縁の起源「ノルマン・コンクエスト」を綴った壮大なタペストリー ノルマンディといえば、第2次世界大戦末期のノルマンディ上陸作戦で有名ですが、そんな英仏海峡を挟んだ戦いはいまからおよそ1,000年前にも行われました。 イギリスとフランスは中世より数々の紛争を行ってきていますが、その起源となるのが「ノルマン・コンクエスト」といっても過言ではありません。 htt… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-9章:バイユー、ジェラール男爵美術館

訪問日時:2016年7月16日、午後3時頃 ノルマンディ地方の小都市バイユーへ 第二次世界大戦に関連する古戦場巡りはこのあたりにして、この旅前半の主目的のひとつである印象派フェスティバル巡りに再び戻ります。今回ご紹介の訪問地「バイユー」は、ノルマンディ地域圏カルヴァドス県に位置する歴史ある街です。 バイユーは軽く街中を散歩した程度、そして訪問した美術館も2つだけでしたが、そのどちらも充実していたので、2回にわたって書くことにします。 駐車場探しには一苦労。中心にある大聖堂周辺をぐるぐる2周してよ… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-8章:ノルマンディ上陸作戦の舞台へその2、オマハビーチ(Omaha Beach)

11月のフランス短期旅行記でしばらく中断していた7月のフランス旅行記を再開します。 上陸作戦中、最大の被害を被った場所 ノルマンディ上陸作戦、空挺作戦の激戦地のひとつ「サント・メール・エグリース」からはクルマで1時間弱でした。 まずオマハビーチ (Omaha Beach) というのは、ノルマンディー上陸作戦時の連合国側のコードネームだったそうです。 オマハビーチとは、具体的にはサントノリーヌ=デ=ペルテ (Sainte-Honorine-des-Pertes) とヴィエルヴィル=シュル=メール … Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-7章:ノルマンディ上陸作戦の舞台へ サント・メール・エグリース

訪問日時:2016年7月16日午前9時頃 「印象派フェスティバル」ともう一つの主要目的。 ノルマンディ上陸作戦、最初の本格的作戦の地「サント・メール・エグリース」へ フランス入り2日目、最初の目的地はサント・メール・エグリース(Sainte Mère Église)。 日本人にとって第二次世界大戦は大変馴染みのある戦争ですが、それでも意外と知られていないのがヨーロッパ戦線。しかし、「ノルマンディ上陸作戦」に関してはその名前だけでも聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。 この作戦は、第二次… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-6章:印象派フェスティバル ル・アーブルのアンドレ・マルロー美術館

印象派フェスティバル最初の会場 前回ご紹介した印象派フェスティバルのイベント訪問記事の第一弾が、初日の宿泊地ル・アーブルにある「アンドレ・マルロー美術館(MuMa – Musée d’art moderne André Malraux)」です。 ここで行われていたイベントはこちらになります。 Eugène Boudin, l’atelier de la lumière MuMa, Musée d’art moderne André Malraux, Le Havre, du 16 a… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-5章:ノルマンディの印象派フェスティバル、イントロダクション

今回の旅の前半戦はノルマンディ観光で、その中でも主な目的は2つ。一つ目はノルマンディ上陸作成の戦地をめぐる旅、そして残りのもう一つが今回ご紹介する「ノルマンディの印象派フェスティバル」です。 ノルマンディの印象派フェスティバルとは 「ノルマンディ印象派フェスティバル(Festival normandie impressionniste)」とは、フランス北西部にあるノルマンディ地域圏を中心として、4月16日から9月26日のおよそ5ヶ月に渡って開催されていた印象派をテーマとした一連の美術イベントのこ… Read more »

 2016年7月 フランス「印象派とグルメの旅」 1-4章:オーギュスト・ペレによって再建された都市ル・アーヴル

少し変わった世界遺産。いろいろな芸術家の故郷。 世界遺産ル・アーヴルへ セーヌ川河口に位置する港町ル・アーブルは、この旅最初の宿泊。 エトルタからマンシュ海峡(イギリス海峡)に沿ってドライブすることおよそ1時間、パリはもちろんのこと、フランスの地方都市でも見られるような、石造りのバロック以降の美しい建物が並ぶ美しい街並みとはまるで対照的だといえる、コンクリートのビルやマンション群が整然と配置されている、ストレートに言ってしまうと、なんだかコンクリートだらけの少々そっけない雰囲気がするル・アーブル… Read more »