カテゴリー: スペイン・バスクの旅2016年GW


 2016年GW スペインの旅 No.8:世界遺産巡り No.4 「バル・デ・ボイのカタルーニャ・ロマネスク様式教会群」

中世と現代の芸術の見事なコラボレーション! 訪問日時:2016年4月26日午後3時頃 3時間かけてフランス国境沿いに有るピレネーの奥深くのバル渓谷へ 前日の美しい村巡りから一転この日は世界遺産巡りが続きます。午前中はカタルーニャ地方あるシトー会派の修道院「ポブレー修道」へ。その観光を終えてから向かったのは、「ボイ渓谷(バル・デ・ボイ、Vall de Boí)」というところにある「タウル(Taüll)」という小さな村です。地図だとこのあたり。 思ったよりも道路状況は良かったとはいえ、かなりピレネー… Read more »

 Saint Jean Pied de Port(サン・ジャン・ピエ・ド・ポール)- フランスの最も美しい村巡り2016 No.3 -★★★★★

訪問日時:2016年5月2日午前11時頃 フレンチバスクにまた一つ美しい村が増えました。 2016年6月27日にフランスの最も美しい村に新たな仲間が! 今朝起きてすぐにフェイスブックを眺めていたところ、こんなニュースが目に飛び込んできました。 Bienvenue à Saint-Jean-Pied-de-Port ! 新たにフランスの最も美しい村が増えたようです。それは、「Saint Jean Pied de Port(サン・ジャン・ピエ・ド・ポール)」。 このニュースはサン・ジャン・ピエ・ド・… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.7:世界遺産巡り No.3 「ポブレー修道院」

訪問日時:2016年4月26日 カタルーニャの田舎にあるシトー会派修道院 さて、世界遺産シリーズに戻ります。この26日は2つの世界遺産、そして2つの美しい村を巡る予定です。この日訪れた世界遺産はスペインはカタルーニャ州にあるもので、どちらもどちらかというとマイナーな部類に入る世界遺産と言えるでしょう。 場所はバルセロナからクルマだと1時間30分程度、公共交通機関の有無は不明です。まずクルマやバスでないといけないと思われます。外国人観光客はすべてそうでした。 カタルーニャ州といえばカタルーニャ語と… Read more »

 Calaceite(カラセイテ) – スペインの最も美しい村巡り No.7 – ★★★☆☆

訪問日時:2016年4月25日 午後7時頃 この日最後の美しい村、そしてこの日の宿泊地となります。実は同日3つ目の村「モレッラ」を出発する前に、この日の宿を探しました。どのあたりにしようか悩んだのですが、この日最後の美しい村であるここ「カラセイテ」にホテルがいくつかあることがわかました。 時間的にもちょうどこの村が最後となり仮にここを観光し終えてから宿泊地へ向かうとしては最低1時間はかかりそう、そもそもこの村にたどり着くのが夕方6時を超えそう、ということで、この美しい村に宿泊することに決めました… Read more »

 Valderrobres(ヴァルデロブレス) – スペインの最も美しい村巡り No.6 – ★★★★☆

訪問日時:2016年4月25日 午後5時頃 バレンシア・テルエル12世紀ころにイスラム勢力との争いの拠点にもなったであろう城郭都市巡りは終盤。 この日は4箇所目のヴァルデロブレスに到着した頃にはもう夕方の5時ころでした。それでもこの明るさです。とても古くよく保存された風情ある村でした。公共の駐車場がなかなかなかったので路駐となりました。 見どころといえば、村の前に架かる橋、そしてそこから眺めた景色が素晴らしい。正直もうこれだけで十分なくらいです。 この橋をわたり村の中へ。古い街並みの保存状態もと… Read more »

 Morella(モレッラ) – スペインの最も美しい村巡り No.5 – ★★★★☆

訪問日時:2016年4月25日 正午頃 テルエル、バレンシア内陸の美しい村巡りは続く 怒涛の美しい村巡りが続きます。既にご紹介の通りこの辺りは12世紀ころにイスラム勢力との争いの拠点にもなったであろう城郭都市が点在しており、その関係で美しい村に選ばれた昔ながらの小さな街、村が数多く存在するエリアです。 この日3つの訪問は「Morella(モレッラ)」。位置はこのあたり。 ちょうど到着したのはお昼を回ったところ、だいぶ日差しも高くなり暑くなってきました。上着はもちろん持っておりますが、散策している… Read more »

 Cantavieja(カンタヴィエハ) – スペインの最も美しい村巡り No.4 – ★★★☆☆

訪問日時:2016年4月25日 午前11時頃 とても素敵な街でしたが、工事中でした。もし別の機会に訪れる機会があるのなら、きっとより美しい街並みを見ることができるのでしょう。しかし、長いこと険しい道を進まなければなりませんが…。 この日2箇所目の美しい村「Cantavieja(カンタヴィエハ)」も、テルエル県にある例のバレンシア北側内陸部に集中する美しい村群の一部にあります。このカンタヴィエハと次に行くモレラはこの6この村のなかでも特に内陸側に位置しているため、道のりは地図で見る以上に険しいかっ… Read more »

 Puertomingalvo(プエルトミンガルヴォ) – スペインの最も美しい村巡り No.3 – ★★★☆☆

訪問日時:2016年4月25日午前10時頃 美しい村が集中するエリアを行く スペインに到着して3日目。この日はオール美しい村巡りの日。 というのは、バレンシア北側から北東にかけて、スペインの最も美しい村が続くからです。 この日は5箇所の村を訪れました。ひとつだけマーカーの色が違うところが今回紹介する「Puertomingalvo(プエルトミンガルヴォ)」という村。なお、よく見るとマーカーが6つあります。なぜこの日は5つかというと、このプエルトミンガルヴォの左下(南西)にある村は、前々回に当ブログ… Read more »

 2016年GW スペインの旅 No.6:世界遺産巡り No.2 「テルエル」アラゴンのムデハル様式の建築物

訪問日時:2016年4月24日(1泊) ちょっと不便だけど素敵なテルエル 世界遺産巡りシリーズに一旦戻ります。スペイン2日目の夜はアラゴン州にある「テルエル」という街に泊まることにしました。 テルエルという街の場所はこちら。 この街はちょっと不便なところにあります。一応サラゴサとバレンシアを結ぶ高速道路上にありますが、ご覧のとおりマドリードからだと大きく迂回していかなければ辿りつけません。直通の電車も走っていないそうです。しかも山岳地帯の中、標高は900mを超えるので、スペインといえども気温は低… Read more »

 Rubielos de Mora(ルビエロス・デ・モラ) – スペインの最も美しい村巡り No.2 – ★★★☆☆

訪問日時:2016年4月24日午後3時頃 2番目に訪れた美しい村 再び美しい村巡りシリーズに戻ります。2周間前くらいから書き始めている2016年GWの旅シリーズは、訪問した順番で書いていきますので、シリーズ(世界遺産巡り、美しい村巡り)が都度入れ替わります。 2番めに訪れた美しい村となったRubielos de Mora(ルビエロス・デ・モラ)は、この日に訪れた同じく美しい村のひとつ「Albarracín(アルバラシン)」と同じテルエル県にある村。アルバラシンから一般道でテルエル方向へ向かい、途… Read more »