カテゴリー: 投稿記事一覧


 2018年7月ブルガリア・ルーマニア・ブルガリア編その2:世界遺産、リラ修道院

空港から直行、ブルガリアへ一番人気の世界遺産へ行きました。 空港から世界遺産へ直行 金曜日夜21時のフライトでイスタンブールへ。イスタンブールで4時間待機からのブルガリア・ソフィア。イスタンブールからは1時間30分程度のフライト、あっという間でした。ソフィア空港に到着したのは午前10時ころ、まずはここでこの旅行でずっとお世話になるクルマを借りました。 何度も海外でレンタカーを運転しているとはいえ最初に借りる時、ましてやはじめての国で運転するときはそれなりに緊張するものです。ましてや東欧、道路事情… Read more »

 2018年7月ブルガリア・ルーマニア・出発編その1:旅の計画、イスタンブール経由でブルガリアへ、クルマを借りる

しばらくは昨年訪問してきたスイスの最も美しい村シリーズとこちらの新シリーズ「2018年7月ブルガリア・ルーマニア」を3から5投稿をめどに交互で連載していきたいと考えています。記憶が失われないようにするため、2018年7月ブルガリア・ルーマニア:イントロダクションなるものをメモ程度の記録しております。 2018年7月ブルガリア・ルーマニア:イントロダクション で宣言した予定通りすすめていきます。 旅の動機は幻のルーマニアの最も美しい村が実はきっかけ? 上記イントロダクション投稿によりますと、第一回… Read more »

 チョイモビデビュー

今更感ですがチョイモビデビュー。とても楽しかったです。ちょいちょい遊んでみたくなるEVカーシェア。 当初はワンウェイ型のカーシェアの実証実験としてスタート チョイモビとは、横浜市がかつて試験的にワンウェイ型=乗り捨て型の超小型EVのカーシェアで、数年前まで実証実験をしていました。地元企業の日産の協力のもとです。とても期待していたのですが結局その実験は終了。残念ながら体験することができないでいました。 公式ウェブサイトはこちら:チョイモビ どうしてワンウェイ型のときにチャレンジしなかったのか、それ… Read more »


 Soglio(ソグリョ)スイスの最も美しい村巡り No.5 ★★★☆☆

訪問日時:2017年9月14日、午後12時頃 イタリア語圏最後の村のご紹介。2017年9月時点でスイスの最も美しい村に登録されている村は全部で27つ。そのうちイタリア語圏に属する村は5つです。 ベルニナ線上にドライブしてこの日最初の村「ポスキアーヴォ」を出発したのが9時30分ころ。このポスキアーヴォはスイスの最も美しい村の中で一番離れたところにあるいわば最も訪問しづらい村でしたので、ここへ行くのも次へ向かうのも一苦労でした。 そのポスキアーヴォとこれから向かうソグリョの位置は下のGoogleマッ… Read more »

 Poschiavo(ポスキアーヴォ)スイスの最も美しい村巡り No.4 ★★★★☆

訪問日時:2017年9月14日、午前9時頃 スイス・イタリア語圏の美しい村は全部で5つ。今回は4つ目の村をご紹介。 スイスの世界遺産にも認定されている「レーティッシュ鉄道ベルニナ線」はスイス・サンモリッツからイタリア・ティラーノを結ぶ山岳鉄道。今回ご紹介のPoschiavo(ポスキアーヴォ)はベルニナ線で立ち寄ることができる村、つまりスイスの最も美しい村兼世界遺産と言えるわけです。公式サイトによれば歴史も古く15世紀にはすでに街が構成されていたようです。 私はクルマで訪問、前日はサンモリッツのひ… Read more »

 Morcote(モルコテ)スイスの最も美しい村巡り No.3 ★★★★★

訪問日時:2017年9月14日、午後5時頃 ルガーノ湖は飛び地巡りをしていた時以来です。スイスの最も美しい村、イタリア語圏の村は全部で5つ、そのなかで最も評価の高い村がこちらです。ルガーノ湖の南端に位置する村です。記録では10世紀ころからこの村は存在していたそうです。 しかし残念だったのがこの日の天気、雨でした。一眼レフを持っての散策は厳しかったため、iPhoneのみで観光しました。 この村は現在は観光地としても人気があるようでして、ホテルにレストランが大変充実しているなあというのが第一印象。 … Read more »

 Cabbio-Muggio(カッビオ・ミュッジョ)スイスの最も美しい村巡り No.2 ★☆☆☆☆

訪問日時:2017年9月14日、午後3時頃 ※しばらくこちらのシリーズ綴っていきます。 昨年、前職を辞めた直後に行っていたスイスの最も美しい村巡りシリーズを再開します。2回目はイタリア語圏のこちらの村。正直ハズレな村でした。いやここまでの道のりが厳しかったこと、雨だったこと、が影響しているのは否めませんが、まあ美しい村巡りではよくあることです。 Cabbio-Muggio(カッビオ・ミュッジョ)は、イタリア北部の湖水地帯にあるコモ湖とルガーノ湖の間にある小さな村。 この日はスイスのサンモリッツに… Read more »

 2018年7月ブルガリア・ルーマニア:イントロダクション

2018年7月の旅行ははじめてのブルガリア・ルーマニア。今回は素直に訪問順にご紹介予定。いつ書き終えるかわかりませんので、以下の予定でお送りいたします。 番号 セクション タイトル 内容 1 出発編 旅の計画、イスタンブール経由でブルガリアへ、クルマを借りる いつもどのような感じで事前計画を立てているのか、飛行機での移動の様子、空港でのレンタカー事情をご紹介します。 2 ブルガリア編 世界遺産、リラ修道院 空港から直行、ブルガリアへ一番人気の世界遺産へ行きました。 3 ブルガリア編 世界遺産、ボ… Read more »

 2018年5月フランス小旅行記録:フランス・セーヌ=マリティーム県巡り

この旅最後の記録となります。7月の旅行前にどうにか更新できそうか。※だめでした涙 コー地方とはフランス・ノルマンディにある地方のことを指します。セーヌ川の河口からカレーあたりまで、ドーバー海峡と面するエリアです。現代の名称、行政区ではセーヌ=マリティーム県Seine-Maritimeと言います。地域圏で言えば オート=ノルマンディー地域圏です。 意味的にはセーヌの海側という感じでしょうか、確かにセーヌ側の北側から大西洋かけてのエリアに位置しています。セーヌ川河口にあるル・アーブル、エトルタ、そし… Read more »

 2018年5月フランス小旅行記録:ベルギー・ウェスト=フランデレン州巡り

訪問日時:2018年5月6日 今回の目的は北フランスの美しい村巡りでしたが、これだけでは物足りなかったので、2日ほどベルギーの方へも足を運んでいました。当初はフランス国境からほど近い「デルヴォー財団美術館」訪問のみの予定でしたが、時間はあまりそうだったので、もうこのあたりを散策することにしました。 フランスから来たがオランダ語圏 ベルギーと言えば公用語が複数ある多言語国家として有名ですね。フランス語、オランダ語(フラマン語)、そしてドイツ語が公用語となっています。大雑把にいうと、地理的に考えて北… Read more »