カテゴリー: 投稿記事一覧


 ル・コルビュジエの建築作品巡り:フランス編その2、ロッシュ邸、2017年9月スイス・フランス旅行記 No.22

訪問日時:2017年9月26日、午後4時頃 ル・コルビュジエ建築巡り、この日はポワシーにあるサヴォア邸に、続いてパリ市内までクルマで移動、パリの西側、ブローニュの森近くの区画にあるロッシュ邸を訪問しました。 ロッシュ邸とは ロッシュ邸は1923年から1925年にかけて建てられたシュタインドモンツィエ邸、サヴォア邸と並ぶコルビュジェの近代建築の代表作のひとつです。ロッシュという人物ですが、出身はスイスバーゼルの中産階級。ヌーシャテルのビジネススクールを卒業したあと、パリに移り住み、1912年からリ… Read more »

 ル・コルビュジエの建築作品巡り:フランス編その1、サヴォア邸、2017年9月スイス・フランス旅行記 No.21

訪問日時:2017年9月26日、午後2時頃 2017年9月の旅行において大きなテーマのひとつであったのは「ル・コルビュジエ」。正直建築に関しては全く無知であり、単にこの前年にル・コルビュジエの作品群が世界遺産に認定されたから知りうることができたのですが、気がつけばこの2年余りでスイスとフランスの数多くのコルビュジエ作品を直に見る機会に恵まれ、すっかり大ファンになっていました。 今回の旅行ではスイスで次の2箇所のル・コルビュジエ作品を見に行っています。 ル・コルビュジェ建築巡り スイス編その1「メ… Read more »

 ジブルニー、モネの家と印象派美術館、2017年9月スイス・フランス旅行記 No.20

訪問日時:2017年9月26日、午前11時頃 2年前の転職前旅行。旅も終盤。前半はシャルル・ド・ゴールからスイスへ、そしてフランス中部を巡り再びパリ近郊まで戻ってきました。いわゆるイル・ド・フランスやノルマンディー地域圏は2010年ころから開始していた「フランスの最も美しい村巡り」の過程で幾度となく訪れましたが、今回ご紹介するジブルニーははじめての訪問でした。 モネの家 ジブルニーは1893年からモネが移り住んだ街として大変有名であり、名作睡蓮はこの家の庭を様子から描かれたものです。現在は一般開… Read more »

 シャルトル大聖堂、ランブイエ城、パリの西側のエリア、2017年9月スイス・フランス旅行記 No.19

訪問日時:2017年9月25日 まもなく2年が経とうとする転職前のスイス・フランス旅行記。まだ続きます。 シャルトル大聖堂 旅も終盤、帰国まであと4日。天候は雲時々雨という思わしくない状況ではありましたが、ブルゴーニュ地方からパリ西側にある地区まで戻ってきました。このあたり、意外と有名な見どころが多くはないのですが、そうはいってもシャルトルという街に世界遺産に選ばれている大聖堂があります。ここへ訪れるのは2006年5月以来なのでなんと11年ぶり。2006年はヨーロッパドライブをはじめて行った年で… Read more »

 ニューカレドニアの歴史、市立博物館と第二次世界対戦博物館訪問で学んだこと:2019年3月、ニューカレドニア旅行No.9

このニューカレドニア旅行記の最終回です。最後は濃い内容を書きます。ニューカレドニアの歴史について現地で勉強したことを書いてみます。 大充実の2つの博物館 訪れたのは市立博物館と第二次世界大戦博物館。以下、ここで得た情報をもとにして記事を書いていきます。 まず市立博物館は1874年にニューカレドニアはじめての銀行として建てられましたが、ほどなく倒産してしまいます。しかし1882年に役所にするために市が建物を買い取り、それからおよそ100年間、ヌメア市の市役所として使われました。外観はとても素敵です… Read more »

 アンスバタ海岸から見ることができる「カナル島」へ:2019年3月、ニューカレドニア旅行No.8

訪問日時:2019年3月23日、午前 およそ1週間の滞在、最終日、この日の夜に日本に戻ります。最終日の朝は宿泊しているアンスバタ海岸から肉眼ではっきりと見ることができる、ニューカレドニア本島から最も近い島「カナル島」へと行きました。 混雑具合等にもよりますが、特段予約は要りません。アンスバタ海岸のこちらの場所にある建物の下で当日申込み可。 アンスバタに滞在しているのであれば十分に歩いていける距離です。しかし我々はクルマがあったので、ホテルからクルマで、目の前の無料の駐車スペースに停めました。3時… Read more »

 本島を北へ、少しだけドライブ:2019年3月、ニューカレドニア旅行No.7

訪問日時:2019年3月22日、午前頃 合計3日間のロワイヨテ諸島めぐりを終えて、再び本島のヌメアに戻ってきました。戻ってきて早々にマジェンタ空港でレンタカーを借りて、市内へ。残り2泊3日はヌメアの来た当初と同じアンスバタで滞在、しかし、最後の滞在となるので、ちょっと立地に良いホテルを選びました。このエリアの最高級ではありませんが。 ホテルの駐車場は宿泊者は無料、大きいので特に事前予約もなく安心でした。 帰国する日のフライトは深夜便ということで、最終日までフルで過ごすことができます。とはいえヌメ… Read more »

 ロワイヨテ諸島「リフ島」その2:2019年3月、ニューカレドニア旅行No.6

訪問日時:2019年3月19日、20日、21日 この旅行で最も印象深かったリフ島のレポート。前回からの続きです。 ニューカレドニアの本島からロワイヨテ諸島へと移動。初日に滞在したウベア島から小型機でリフ島へと移動してきました。リフ島はロワイヨテ諸島のなかで一番大きな島ですが、到着して驚いたのは、観光客が全然見当たらないことでした。ウベア島から直で移動するのが我々だったことも驚きでした。それだけマイナーな島なのでしょうか? 大きいので2泊滞在しました。そのおかげで、天候がいまいちだったことが唯一の… Read more »

 ロワイヨテ諸島「リフ島」その1:2019年3月、ニューカレドニア旅行No.5

ロワイヨテ諸島第二弾はリフ島。今回のニューカレドニア旅行で最もよかったと思った場所です。まずは位置を確認。ウベア島の南東に位置しロワイヨテ諸島の中でも最も大きな島です。ウベア島の3倍位あるかと思います。 大きい島ということでここでは2泊することにしました。 ロワイヨテ諸島間を行き来する「Air Royelote」にて リフ島へはウベア島から直接移動、移動はいわゆるニューカレドニアの離島が連なる「ロワイヨテ諸島」間を簡単に行き来できる「Air Royelote」を利用しました。ウベア島からリフ島ま… Read more »

 ロワイヨテ諸島「ウベア島」:2019年3月、ニューカレドニア旅行No.4

訪問日時:2019年3月18日、1泊 ニューカレドニアは南太平洋に浮かぶ美しい島国です。グランドテールと呼ばれる本島、そしてその周りに浮かぶ小さな島々で構成されています。こうした小さな島々も非常に観光客にとっては人気。 うち本島の南東に位置する「イルデパン島」、こちらは日本人から「天国にいちばん近い島」と呼ばれたりする、のだそうです。 もうひとつ人気なのが本島の北側に位置するロワイヨテ諸島に属する「ウベア島」「リフ島」「マレ島」です。イルデパン島、ロワイヨテ諸島各島は、ヌメア市内のマジェンタ空港… Read more »